東京都公文書館とは

東京都公文書館外観

公文書館は、歴史的資料として重要な価値を有する公文書等を、都民共通の財産として後代に伝えるため、これを保存し、利用に供する場、過去から未来への架け橋です。

東京都公文書館は、昭和43年(1968)10月1日に開設され、都の公文書や庁内刊行物などを系統的に収集・保存し、これらの効率的な利用を図るとともに、併せて都に関する修史事業を行っています。

沿革

年月 主なできごと
明治35年4月 東京市会で「東京市史編さんの件」を可決、市史編さん事業に着手
明治40年4月 編さん方針など市史編さん事業計画を確定、明治44年「東京市史稿 皇城篇」第一を刊行
昭和27年11月 史料の編さん業務を主体として、都政に関する文書の保存業務を統合し、「都政史料館」を設置
昭和43年10月 公文書等の総合的、統一的な管理を行うために「都政史料館」を統合して「東京都公文書館」を設置
東京府・東京市時代の公文書の公開を開始
昭和63年 6月 公文書館法施行
平成6年4月 東京都制施行(昭和18年7月1日)後の公文書のうち、作成後30年経過文書の公開を開始
平成9年6月 新閲覧室オープン
平成13年7月 ホームページを開設・運営を開始
平成15年4月 業務用データベースを活用した資料検索システムを構築、閲覧室で提供開始
平成16年3月 「東京府及び東京市関連行政文書」東京都指定有形文化財に指定される。
平成17年11月 電子画像閲覧システム導入
平成21年3月 「東京都公文書館公文書等収集大綱」策定
平成24年4月 竹芝地区の再開発に伴い、世田谷区玉川へ仮移転
平成24年10月 公文書館情報検索システムをインターネットで提供開始
平成26年3月 「東京都公文書館改築基本計画」策定
平成26年3月 SNSによる情報発信開始
平成26年8月 東京府・東京市行政文書が国指定重要文化財(歴史資料)に指定

事業内容

公文書の引継ぎ・整理・保存管理

資料(都庁内刊行物、図書・資料類)の受入れ

補修、修復、復刻、製本

マイクロフィルム化事業

公文書等の閲覧

レファレンス

史料編さん

行政資料の調査・集録

組織(問い合わせ先)

館長
庶務担当
電話03-3707-2601
(人事、給与、予算、契約、文書事務等に関すること)

整理閲覧担当
電話03-3707-2603
(公文書の引継ぎ、収集、選別保存、閲覧等に関すること)

史料編さん担当
電話03-3707-2604
(都の修史事業、調査等に関すること)

電子メールでのお問い合わせ

送信先アドレス:S0000015@section.metro.tokyo.jp

※適切な回答を差し上げるため、以下の事項を必ず明記してください。

*お問い合わせ内容について確認のご連絡をさせていただくことがあります。

東京都公文書館年報

東京都公文書館年報はPDF形式でご覧いただけます。