展示・講演会

展示会場内の様子(平成17年度所蔵資料展から)

東京都公文書館では、所蔵資料や事業について、その内容を広く紹介し、多くの方々に知っていただくために、資料展や講演会等を開催しています。

当館で行う資料展には、年1回主に館外で行う「所蔵資料展」と、閲覧室内展示コーナーで行う小展示などがあります。

展示情報【予告】

東京都立中央図書館・東京都公文書館・宮内庁宮内公文書館 共催 東京文化財ウィーク2017参加企画展
幕末の大奥と明治の皇城 -和宮と昭憲皇太后-

初公開の大奥の建物に関する図面群「豊田家文書」(東京都立中央図書館蔵)をはじめ、 重要文化財を含む3館の貴重資料で、幕末から明治にかけて江戸城が皇城へと変化する様子を紹介します。
あわせて14代将軍徳川家茂の正室・和宮と、昭憲皇太后(明治天皇の皇后)に焦点を当て、 激動の時代を生き抜いた2人の女性の姿を紹介します。

「幕末の大奥と明治の皇城」ポスター(部分)

「慶長江戸絵図」(部分)

「慶長江戸絵図」(部分)

【関連イベント】
  申込先は東京都立中央図書館になります。
  1. 日時 平成29年11月4日(土)
       午後2時から午後4時まで
      ・「江戸の町から江戸城へ~新出大奥図面の世界」
       (東京都公文書館史料編さん担当公文書館専門員
       (日本建築史) 小粥 祐子)
      ・「その後の和宮」
       (宮内庁書陵部図書課宮内公文書館公文書調査室員
       (日本近世史、明治維新史) 篠﨑 佑太)
  2. 会場:東京都立中央図書館 4階第二・第三研修室
  3. 定員:100名(抽選)
  4. 参加費:無料
  5. 申込締切:平成29年10月10日(火)(往復葉書は消印有効)
  6. 申込方法
    (1)東京都立図書館ホームページ「文化財ウィーク講演会」のページからお申し込みください。
    (2)往復はがき
       (1)「文化財ウィーク講演会」希望(2)住所(3)氏名(4)電話番号をご記入の上
      「〒106-8575 港区南麻布5-7-13 東京都立中央図書館 特別文庫担当」宛にお送りください(1人1枚)。
     ※手話通訳または要約筆記をご希望の方は、どちらかをご記入ください。
     ※託児サービスをご希望の方は、その旨をご記入ください。
     ※介助者(1人まで)の同行があり、座席が必要な場合又は車いすで参加される場合は、その旨をご記入ください。
 

その他の詳細は、展示チラシ(PDF)をご覧ください。

「幕末の大奥と明治の皇城」展示チラシ(表面)(PDFファイル 1.50MB)へのリンク

「幕末の大奥と明治の皇城」展示チラシ(中面)(PDFファイル 1.80MB)へのリンク

過去の展示

所蔵資料紹介展示 (平成24年度~)

ロビー展 (~平成23年度)

所蔵資料展

dy> body> dy>