都史資料集成II 都制施行から昭和30年代までを対象にした東京都の歴史に関する資料集

都史資料集成2

『都史資料集成II』は、東京都制が施行された昭和18(1943)年から、昭和30年代に至る約20年間を対象とした、東京都の歴史に関する基礎資料集です(全8巻+別編2巻刊行予定)。

『都史資料集成』(全12巻)の後継シリーズとして、各対象年代に特有の主題を選び、それに則して資料を集成したテーマ別資料集となっています。

最新刊のお知らせ

図録東京都政2 「文化スライド」でみる東京~昭和30年代

急激な人口集中や経済発展、それに伴う公害の顕在化等。
オリンピック開催を迎えて変ぼうを遂げていく昭和30年代の東京の姿を「文化スライド」でたどる。

4,210円

既刊分

第1巻 東京都制の成立

昭和18年7月1日、東京都制の施行により、東京府と東京市を廃して東京都が置かれた。現代東京都の枠組みの基礎となった東京都制について、その成立から戦後の第一次地方制度改革までを追った。

5,180円

第2巻 自治体東京都の出発

昭和22年5月3日、日本国憲法及び地方自治法の施行により、東京都は地方自治体として新たな出発をすることになった。住民の直接選挙によって初代東京都知事に当選した安井誠一郎の下で、自治体東京都の最初の四年間、どのような都政が展開されたのかを追った。

4,310円

別編

図録東京都政1 「文化スライド」でみる東京~昭和20年代

昭和27年から東京都が都政広報のために作製した168タイトルの「文化スライド」。
様々な切り口でスライドに写し撮られた、昭和20年代の東京の姿を紹介する。

2,730円