都史紀要14 東京の幼稚園

はしがき

本稿は、明治初年から二十二年ごろまでに創設された東京の私立幼稚園について、開業当初の願書その他を収録し、その実態をあきらかにしようと試みたものである。しかし、幼稚園のばあいはさきに刊行した女子教育や大学教育とはちがって国立のものが先行し、また、公立にも国立、私立のあいだをぬって比較的創立のはやかったものがあるので、それらについても東京府文書に散見する初期の史科は、できるだけとりあげるようにつとめた。

さらに、明治末年までの幼稚園についてはその成立の年次と創設者その他を簡単に記述し、また、「幼稚園保育及設備規程」が制定された明治三十二年の「東京府学事年報」のなかから幼稚園に関する学事報告と公私立幼稚園表を摘記して参考に供した。

人間形成の基礎は幼児期につちかわれるものとして就学前教育の問題が脚光をあびているこんにち東京というかぎられた範囲ではあるけれども、創設、揺藍期における幼稚園の実状を生まの史料によって公表するのも無意義ではなかろうと思われる。

本稿の編さん・執筆はすべて手塚竜磨が担当した。

昭和四十年十一月
都政史料館
※本書に引用した史料には個人の履歴が多く見られますが、学術研究上等、本書の利用に際しては、人権擁護面に十分留意くださるようお願いいたします。 平成四年三月 東京都公文書館

東京の幼稚園 目次

はじめに(1)
幼稚園制度の導入(1)、子育の巻(2)
「米国百年期博覧会教育報告」にみる幼稚園資料(3)
導入の経路(5)、学制の頒布と幼稚園(6)
東京女子師範学校付属幼稚園の創設まで(7)
保育関係の初期施設(8)、幼稚園関係法令と東京府規則の変遷(12)
それ以後に定められたもの(15)、学齢未満幼児の小学校入学規制(19)
明治十三年当時の全国幼稚園(21)、明治十六年当時の東京の幼稚園(22)
明治二十年代はじめごろまでの統計書にみる東京の幼稚園(23)
全国との比較(26)

国・公立の幼稚園(28)
東京女子師範学校付属幼稚園(28)
東京女子師範学校付属幼稚園創立の影響(29)
関信三(32)、松野クララ(35)
豊田芙雄(37)、近藤浜(41)
江東小学校付属幼稚園(42)、深川幼稚園(44)

私立の幼稚園(明治十三年から二十二年まで)(59)
桜井女学校付属幼稚園(59)、共立幼稚園(70)、芝麻布共立幼稚園(77)
榎坂幼稚園(92)、赤坂幼稚園(98)、東京幼稚園(104)
四谷幼稚園(111)、日本橋幼稚園(116)、小岸小学校幼稚科(123)
まとめ(132)

私設の保姆養成機関(134)
桜井女学校幼稚保育科(135)
東京府教育会付属幼稚園保姆講習所(136)
幼稚園保姻練習所(144)、幼稚園保姆の免許(146)
そのころ地方にできたもの(148)、玉成保姆養成所(149)
東京保姆伝習所(150)、東洋英和女学校付属保姆養成所(153)

明治末年までにできた私立幼稚園(156)
○児島幼稚園○筒井幼稚園○亀島幼稚園○新宿幼稚園
○頌栄幼稚園○三崎町幼稚園○彰栄幼稚園○築地幼稚園
○二葉幼稚園○知本幼稚園○薗田幼稚園○青梅幼稚園
○篠原幼稚園○日本橋梅園尋小付属幼稚園○本所幼稚園
○徳風幼稚園○東洋幼稚園 ○啓蒙学校付属幼稚園
○京北幼稚園○フォルセンハム幼稚園○楽石杜幼稚園
○救世軍幼稚園○明治(上富坂)幼稚園
○麻布区教育会付属幼稚園○高等女子仏英和学校付属幼稚園
○京橋区築地幼稚薗○精華幼稚園○松ケ枝幼稚園
○慈善(美登里)幼稚園○隣愛幼稚園
○帝国婦人協会実践女学校付属幼稚園○高輪幼稚園
○雙葉女子尋常小学校付属幼稚園○早蕨幼稚園
○南高輪(森村)幼稚園○荻野幼稚園○神愛幼稚園○中里幼稚園
八王子幼稚園と横川楳子
まとめ(188)

むすび(192)
公立と私立(192)、幼稚園と保育園(193)
幼稚園義務制の問題(196)、残された問題(196)
資料・明治三十二年東京府管内公私立幼稚園表(199)
東京の幼稚園創業年表(明治九年―明治二十五年)
人名索引(巻末)
巻頭写真
桜井女学校付属幼稚園規則その他