都史紀要21 東京の中等教育一

はしがき

本稿は中学校令公布後、私立尋常中学校または尋常中学部として成立したもので、明治二十九年十一月、東京府から所在区長部長を経由して沿革その他につき照会をうけた八校のなかから六校をえらび回答の全容を収録すると共にこの年までに提出された二校の設立願を添えた。

中学校令は帝国大学令・小学校令・師範学校令・諸学校通則と共に明治十九年の三月から四月にかけて公布されたのであるが、私立尋常中学校として設立を認可されたのは二十二年以降であり、しかも二十七年以前は私立中学校に関する公文書が欠けているなどの事情があって、東京の私立中学校の実態をあきらかにしたのは二十九年の一冊が最初のものといってよい。例外はただ二校だけである。二十七年の尋常中学順天求合杜と二十九年の早稲田尋常中学校の設置願である。設立後日が浅いというので照会の対象となっていない。記載事項や内容に相違がみられるのはそのためである。

沿革その他につき回答を求められたもののうち二校をのぞいたのは紙数の制限によるもので次巻にはその補いをしたい。尋常中学校という名称は改正中学校令(明治三二・二)までもちいられたが、それ以後に創設されたものはもとより、それ以前に開学したものもすべて「尋常」をはずし、私立中学校とあらためて再び登場してくるであろうことが期待される。ただ残念なのは、中学校程度および同等以上のものと認められながら各種学校の扱いを受けていたものを私立中学校関係書類から捕捉することができなかったことである。

本稿の編纂と執筆は手塚竜麿が担当した。

昭和四十七年二月
東京都公文書館

東京の中等教育一 目次

はじめに(1)
中等教育と中学校(1)
明治初期の私塾と中等教育(2)
中学校令と私立中学校(3)
教育令下における全国の公立中学校(3)
東京の公立中学校(5)
府の管理となった私立中学校(6)
東京の私立尋常中学校(8)
取調べの対象となった私立尋常中学校(9)
尋常中学順天求合杜(13)
設立願と規則(13)
設立者と教員の履歴書(28)
青山学院尋常中学部(45)
沿革と諸規則など(45)
教科用図書器具器械その他(50)
院主・院長・教員の履歴書(54)
麻布尋常中学校(68)
沿革誌(68)、規則その他(69)
校長・教員の履歴書(78)
攻玉杜尋常中学校(90)
沿革・その他の規則(90)
社長・教員の履歴書(96)
経費収支金額・教科用図書など(110)
尋常中学郁文館(117)
沿革略(117)
教授に関する規則など(119)
学校長・教員・設立者の履歴書(126)
収支金額・資産・教科用図書など(136)
錦城学校尋常中学(139)
沿革・敷地坪数など(139)
規則と聯絡の諸高等学校(141)
学校長・教員及設立者履歴書(149)
日本中学校(163)
沿革と規則など(163)
学校長・教員及設立者の履歴書その他(179)
早稲田尋常中学校(195)
設置願と規則(195)
校主・校長・教頭・教員の履歴書(210)
むすび(218)
人名索引(巻末)