史料の解読と読み下し例~旗本文書を読む

(史料出典:『養子判元見届一件書留』壱)

【史料1】

新見文書1-1
新見文書1-2

解読文

    急相続奉願候覚
             寄合
 高五千石          堀 田 錦 弥
                寅二十一歳
             養方叔父実弟
  相続奉願候者       堀 田 幸之助
                 寅十六歳
     右幸之助儀出生之砌虚弱ニ付御届見合
     罷在候処此節丈夫ニ罷成候ニ付当八月
     十八日丈夫御届申上候
私儀当五月上旬より持病之積気相勝不申候処八月上
旬より時候相中其上九月下旬ニ至浮腫有之候ニ付橘隆庵
山本宗英峯岸春庵薬服用仕針治増田寿得療治
請色々養生仕候得共此節別而相勝不申不食仕次第
草臥相増段々差重本復可仕躰無御座候然処未実
子無御座候ニ付養方叔父堀田幸之助儀相続奉願候
右之外親類遠類同姓異姓遠続之内ニ茂養子可仕
相応之者無御座候若養生不相叶相果候者右幸之助儀
相続被 仰付跡式無相違被下置候様奉願候以上
  寛政六甲寅年十一月廿五日   堀 田 錦 弥印
                  手揮申候ニ付印形
                  相用候
    井伊兵部少輔殿
    京極備前守殿
    堀田摂津守殿
    立花出雲守殿
     中川勘三郎殿
  

読み下し文

    急相続願い奉り候覚
             寄合
 高五千石          堀 田 錦 弥
                寅二十一歳
             養方叔父実弟
  相続願い奉り候者       堀 田 幸之助
                 寅十六歳
     右幸之助儀出生の砌虚弱につき御届見合せ
     罷りあり候処、この節丈夫に罷り成り候につき当八月
     十八日丈夫御届申し上げ候。
私儀当五月上旬より持病の積(癪)気相勝れ申さず候処、八月上
旬より時候相中(あた)り其上九月下旬に至り浮腫これあり候につき、橘隆庵
山本宗英、峯岸春庵、薬服用仕り、針治増田寿得療治
請け、色々養生仕り候えども、この節別て相勝れ申さず不食仕り、次第
草臥(くたびれ)相増し、段々差重り本復仕るべき体御座なく候、然るところ未だ実
子御座なく候につき、養方叔父堀田幸之助儀相続願い奉り候。
右之外、親類遠類同姓異姓遠続の内にも養子仕るべき
相応の者御座無く候。もし養生相叶わず相果て候わば、右幸之助儀
相続仰せつけられ、跡式(あとしき)相違なく下し置かれ候様願い奉り候。以上。
  寛政六甲寅年十一月廿五日   堀 田 錦 弥印
                  手揮え申し候に付き印形
                  相用い候。
    井伊兵部少輔(直朗、若年寄)殿
    京極備前守(高久、若年寄)殿
    堀田摂津守(正敦、若年寄)殿
    立花出雲守(種周、若年寄)殿
     中川勘三郎(忠英、目付)殿

【史料2】

新見文書2

解読文

一 病間へ罷通り屏風外ニ着座錦弥及挨拶且判元
  可見届段申達候処屏風内ニ被居候伊東山城守挨拶ニ而
  大病故不及挨拶候段且手揮候ニ付添手致候段被申聞候ニ付
  承知之旨及挨拶願書へ印形被調肝煎へ被差出肝煎より
  自分へ被相越候判元見届候段且病気快気ニ候ハヽ願書
  願下之義目出度可取次段且又病気養生有之候様ニ
  申達直ニ書院江罷出候此節一類中ニ者一統入頬ニ並居
  被申候

読み下し文

一 (中川勘三郎が)病間へ罷り通り屏風外に着座、錦弥え挨拶に及び、且つ判元
  見届くべき段申し達し候ところ、屏風内に詰め居られ候伊東山城守(祐政、寄合)挨拶にて、
  大病ゆえ挨拶に及ばず候段、且つ手揮え(ふるえ)候につき添手(そえて)致し候段申し聞かされ候につき、
  承知の旨挨拶に及び、願書へ印形調えられ、肝煎へ差し出され、肝煎(寄合肝煎松平内蔵允信愛)より
  自分へ相越され候。判元見届け候段、且つ病気快気に候わば願書
  願い下げの義目出度く取り次ぐべき段、且つ又病気養生これあり候様に
  申し達し、直に書院え罷り出で候、この節一類中には一統入頬(いりかわ)に並び居り
  申され候