古文書解読チャレンジ講座 第14回 明治の迷子犬

今回は、迷子犬の捜索に関する明治初期の文書にチャレンジします。

皆さんは飼い犬の姿が、いつの間にか見えなくなったらどうしますか?

ポスターを作って近所に貼って歩くという古典的な方法の他、現代ではインターネット上の迷子犬情報サイトに登録する方法もあるようです。

明治時代にはどのような方法で探したのでしょうか。早速読んでみましょう。

目次

  1. 史料
    広告 明治8年10月
    請求番号:607.B5.11 資料情報へのリンク
  2. 史料の解読/読み下し例
  3. 史料解説

印刷してご利用いただくために、PDF形式のファイルをご用意しました。

【史料】

明治の迷子犬広告