史料の解読と読み下し例~明治の迷子犬

(出典:『御布告留<(第三大区)一・二小区>』請求番号:607.B5.11)

【史料】

明治の迷子犬広告_解読

解読文

   広告
前月十四日頃ヨリ当公使館ニ在ル小ナル雄
犬壱疋何レヘ迷ヒタルカ或ハ奪レタルカ未タ知
レズ其色茶ニシテ毛短ク足ハ丈夫ニテ曲レリ
面貌、耳、共長ク(其毛色違トイヘトモ全体ハ狸ニ似タリ)
此犬ノ種類未タ日本ニ無之右之趣ハ日本帝国
警視庁ヘモ相届ケ探索最中ニ有之此犬何方ニ
有ルトモ売買ヲ禁シ候就テハ御見当リ御持参之
方ヘハ格別之御礼可仕候間御報知可被下候以上
         永田町壱丁目
 明治八年十月    独逸帝国公使館

読み下し文

   広告
前月十四日頃より当公使館に在る小なる雄
犬壱疋、いずれへ迷いたるか、あるいは奪われたるかいまだ知
れず、其の色茶にして毛短く、足は丈夫にて曲れり
面貌、耳、共長く(其毛色違といえども全体は狸に似たり)
此犬の種類いまだ日本にこれ無く、右の趣は日本帝国
警視庁へも相届け探索最中にこれあり此の犬いずかたに
有るとも売買を禁じ候、ついては御見当り御持参の
方へは格別の御礼仕るべく候間、御報知下さるべく候、以上
         永田町壱丁目
 明治八年十月    独逸帝国公使館