民間企業等と東京都との人事交流について

民間企業等と東京都との人事交流について

・都は、組織の活性化を図るため、民間企業等との人事交流を拡大します。
 これにあたり、企業等からの人材の受入れについて通年で公募します。


1 人事交流(交流受入)の概要

(1) 受入れる民間企業等職員の身分
  企業等の人材を、東京都行政実務研修員として受入れます。
 (給与等:派遣元企業様負担)
(2) 業務内容
 都の業務に本格的に従事していただきます。
 (業務内容は個別に調整)
(3) 交流受入期間
 原則3年以内です。(最長5年まで延長可)
>「東京都庁との人事交流をご検討いただける企業様を公募します」リンク(PDF:697KB)



2 事前相談から受入れ決定まで

事前相談から受入れ決定まで


 <各種様式>
 以下様式により、各局等の人事担当課にご相談・ご応募ください。
手続き段階各種様式
①各局等への事前相談・調整人事交流希望シート(word:32KB)
※スムースな調整のためにご活用ください。
②応募様式の提出応募様式(word:51KB)


3 受入れ職場例


  ※ 上記職場例以外のご希望がありましたら、該当局の人事担当課にお問い合わせください。(各局情報はこちらからご確認ください。)
  ※ 制度面のお問い合わせは、総務局人事部人事課(03-5388-2374)までお問い合わせください。


4 交流基準

都の受入れ部署と民間企業等との業務上の関係を考慮し、人事交流を適正に行うために遵守すべき事項を定めています。

 (その他関連規程)


お問い合わせ先
東京都総務局人事部人事課
 (電話番号)  03-5388-2374