住民基本台帳について

○ 区市町村は、住民基本台帳法に基づき、住民の居住関係の公証、選挙人名簿の登録など、住民に関する事務処理の基礎とするために、個々の住民票からなる住民基本台帳を作成しています。

○ 東京都では、各区市町村が実施する住民基本台帳事務について、助言等を行っています。

○ 住民票には、氏名、住所、生年月日、性別、世帯主との続柄、本籍などをはじめ、国民健康保険や国民年金などに関する事項が記載されています。

○ 区市町村では、転出・転入や出生・死亡など、住民票の記載事項に変更が生じた場合には、届出又は職権により修正等を行っています。

○ 住民票の写し等が必要な場合には、住所のある区市町村の役所等でその旨請求し、交付手数料を納付の上、交付を受けることができます。また、「自分」や「自分と同一世帯」の住民票の写し(戸籍の表示を省略したもの)の交付であれば、全国どこの区市町村の役所でも受けることができます。

○ 転出入の届出や住民票の写し等の交付についての詳しいお問い合わせは、直接お住まいの区市町村の役所までお願いします。

○ なお、異動届や交付申請書等について、ホームページでダウンロードサービスを実施している区市町村もありますので、お問い合わせの上、御活用ください。
多摩の魅力発信プロジェクト
連絡先
<行政部振興企画課>

○電話
  03-5388-2413
○ファックス
  03-5388-2417
○メール
  S0000020(at)section.metro.tokyo.jp
  ※(at)を@に変えて送信してください