世界自然遺産小笠原諸島
HOME > 小笠原亜熱帯農業センター > 試験研究成果概要 > 平成24年度 試験成績書

小笠原亜熱帯農業センター

平成24 年度 試験成績書目次

特産熱帯果樹等の安定生産技術の開発

1小笠原の気候を活かした有望作目の生育・果実特性の把握

(1)レイシの環状剥皮による花芽形成の誘導

2アテモヤの生産技術開発

(1)〜「ピンクスマンモス」の2回剪定による果実品質の変化〜

3パッションフルーツの施設栽培における着果率向上技術の確立

(1)〜開花初期の剪定が収量に与える影響〜
(2)〜小笠原村におけるパッションフルーツ「台農1号」の果皮の着色不良の実態〜

4パッションフルーツの落下と果実品質との関係

(1)〜新資材を導入した出荷規格における果実被害緩和効果〜

小笠原諸島自生種による植生回復技術の開発

1苗木生産技術の開発

(1)〜ノヤシの幼木期の施肥量の解明〜

2モクマオウ林の植生回復技術の開発

(1)〜移植後の自生種の生育〜

病害虫防除試験

1父島および母島におけるアフリカマイマイの分布

(1)〜第11回全島調査結果〜

2未解明病害虫の原因究明および防除技術の検討

(1)〜父島・母島におけるヒメオカモノアラガイの発生確認〜
(2)〜父島におけるサツマイモヒサゴトビハムシによるヨウサイ被害の発生〜

緊急要請課題:オガサワラオオコウモリの農地での被害実態の把握

(1)〜「菊池レモン」,甘夏およびグアバの食害事例〜
(2)〜父島の農作物の食害実態および食害リスク評価〜

  • 世界自然遺産小笠原諸島
  • お知らせ
  • 小笠原亜熱帯農業センター
  • 小笠原水産センター
  • 小笠原の農水産物
  • 小さな水族館
  • 小笠原の自然
  • ビジターセンターの紹介
  • 都レンジャーの活動