世界自然遺産小笠原諸島

小笠原亜熱帯農業センター

沿革・組織

小笠原は、東京から南に約1000kmの太平洋上にあり、年平均気温23℃、最低月平均気温は2月の18℃で、亜熱帯性気候に属します。
当センターは、1970(昭和45)年の設立以来、この気候を活かした農業の発展を目指して、熱帯・亜熱帯作物の導入・育成と生産技術の開発、および農業者への技術指導を行っています。
母島の営農研修所・畜産指導所では、農業者への技術・経営指導ならびに有畜農業による地力の増進を進めています。
また、来島された方々に小笠原の自然と園芸植物を紹介するために、展示園・展示温室などの施設を公開しています。

沿革

明治 43年 父島二子、北袋沢地区に農産物試験場設置(国より東京府に所管換)
昭和 45年 父島二子、小曲地区に東京都農業試験地設立
  46年 父島洲崎地区に東京都和牛放牧試験地設立
  47年 小笠原亜熱帯農業センターに改組
母島字元地に営農研修所設立
  53年 展示園開設
  61年 母島字評議平に和牛放牧試験地を移転、畜産指導所に改組
平成 元年 展示温室開設
  8年 管理作業舎完成
  9年 小笠原亜熱帯農業センター本館改築
  10年 ミスト・あみ室完成
  11年 果樹鉄骨ハウス・花き栽培温室完成
  15年 野菜鉄骨ハウス増設・農業用水貯水槽増設
  21年 果樹鉄骨ハウス完成
  24年 展示エリア再整備
  27年 ストロングハウス6棟整備

施設及び圃場等

土地: 小笠原亜熱帯農業センター 189,000平方メートル
(うち展示園 20,000平方メートル)
  営農研修所 14,400平方メートル
  畜産指導所 42,400平方メートル 
(うち放牧場 15,000平方メートル)
試験栽培施設: 小笠原亜熱帯農業センター 2,680平方メートル
   温室・鉄骨ハウス 8棟 1,849平方メートル
   ビニールハウス 12棟 778.9平方メートル
  営農研修所 1,354平方メートル
   温室・鉄骨ハウス 4棟 477平方メートル
   ビニールハウス 11棟 877平方メートル
  畜産指導所 堆肥生産施設等 638平方メートル
展示・保存(植栽)植物: 小笠原亜熱帯農業センター 96科 538種
   シダ植物 11科  23種
   種子植物(裸子植物) 4科   5種
   種子植物(被子・単子葉植物) 17科 214種
   種子植物(被子・双子葉植物) 64科 296種
  営農研修所 83科 796種
   シダ植物 5科  13種
   種子植物(裸子植物) 2科  2種
   種子植物(被子・単子葉植物) 16科 355種
   種子植物(被子・双子葉植物) 60科 426種

組織

所 長   1名
研究員   4名
再任用職員(技能職)   1名
一般職非常勤職員(農芸員)   3名
畜産指導所(母島) 所長   1名
畜産指導所(母島) 職員   1名
畜産指導所(母島) 一般職非常勤職員(農芸員)   1名
営農研修所(母島) 所長   1名
営農研修所(母島) 一般職非常勤職員(農芸員)   2名
  15名
※平成29年4月現在
  • 世界自然遺産小笠原諸島
  • お知らせ
  • 小笠原亜熱帯農業センター
  • 小笠原水産センター
  • 小笠原の農水産物
  • 小さな水族館
  • 小笠原の自然
  • ビジターセンターの紹介
  • 都レンジャーの活動