世界自然遺産小笠原諸島
HOME > 小笠原水産センター > 沿革・組織・刊行物

小笠原水産センター

沿革・組織・刊行物

沿革

昭和 43年(1968年) 小笠原諸島、日本に返還
  48年(1973年) 水産センター発足
    調査指導船「興洋」配属
    陸上無線局開局
  55年(1980年) 種苗生産試験開始
  58年(1983年) 2代目「興洋」竣工
  59年(1984年) 2代目「興洋」竣工
  60年(1985年) 種苗育苗棟落成
平成 6年(1994年) 飼育観察棟落成
  7年(1995年) ソデイカ漁業の普及
  13年(2002年) 本館等落成
  19年(2007年) 3代目「興洋」竣工

職員数

所長 1名
研究員 3名
無線通信士 4名
技能職員 1名
海技職員 8名
17名

定期刊行物

小笠原のさかな

小笠原のさかな

リンク

  • 世界自然遺産小笠原諸島
  • お知らせ
  • 小笠原亜熱帯農業センター
  • 小笠原水産センター
  • 小笠原の農水産物
  • 小さな水族館
  • 小笠原の自然
  • ビジターセンターの紹介
  • 都レンジャーの活動