世界自然遺産小笠原諸島
HOME > 支庁の案内 > 管内概要

支庁の案内

管内概要

地勢

位置 <父島> 東京の南方海上約984q
<母島> 同上1,033km:父島の南方海上約49q
小笠原諸島は、聟島列島、父島列島、母島列島、硫黄列島(火山列島)並びに西之島、南鳥島及び沖之鳥島を含む地域で構成される。
面積 <父島> 23.80km2千代田区の約2倍余り
<母島> 20.21km2北区とほぼ同じ
その他30余の島々で構成  総面積104.35km2
※出典 国土地理院「平成28年全国都道府県市区町村別面積調」
地形 <父島> 中央山(320m)を中心に南北に長く地形は急崚、集落地は比較的平坦
<母島> 乳房山(463m)を中心に南北に細長く地形は急崚、集落地は比較的平坦だが狭隘
※出典 国土地理院「日本の山岳標高一覧 −1003山−」

自然

気候 亜熱帯性気候、海洋性気候のため気温の変化が比較的少なくしのぎやすいが、湿度は高い
(平成29年) 年平均気温 23.4℃、最高気温 33.6℃、最低気温 11.1℃、平均相対湿度 77%
※出典 気象庁
年間降水量 (平成29年) 父島 1,657.5mm
※出典 気象庁
火山活動 父島、母島では火山活動は見られない
西之島は昭和48年9月の海底火山の爆発により誕生
動物 特別天然記念物 ハハジマメグロ
天然記念物 オガサワラオオコウモリ、アカガシラカラスバト、オガサワラノスリ、オカヤドカリ、昆虫類、陸貝等多数生息
植物 亜熱帯性のもの多数(ムニンツツジ、ムニンノボタン、アサヒエビネ、ワダンノキ、ムニンヒメツバキ、タコノキ他固有種多数)

交通

航路 東京 ⇔ 父島 「おがさわら丸」(総トン数11,035t、定員 894人 片道 24時間)
父島 ⇔ 母島 「ははじま丸」(総トン数453t、定員 200人 片道 2時間)

人口の推移 (4月1日現在) 住民基本台帳 登録者数

平成30年4月1日現在 父島2,140人(1,213世帯) 母島470人(273世帯) 合計2,610人(1,486世帯)

母島列島 父島列島 合計
明治 8年 3 68 71
   13年 19 338 357
   23年 898 1,106 2,004
   33年 3,009 2,503 5,512
   43年 1,935 2,100 4,035
大正 9年 1,921 2,434 4,355
昭和 5年 1,731 2,827 4,558
   15年 1,905 4,302 6,207
   19年 2,109 4,348 (火山列島1,254)
7,711
昭和45年 0 579 579
   50年 257 1,108 1,365
   55年 334 1,339 1,673
   60年 381 1,481 1,862
平成 2年 390 1,619 2,009
    7年 420 1,879 2,299
   12年 454 1,955 2,409
   17年 438 1,882 2,320
   22年 433 1,984 2,417
   27年 438 2,026 2,474

産業

産業就業者数
(27国勢調査)
<父島>
第1次産業 103人( 7.6%) 第2次産業 197人(14.6%) 第3次産業 1,045人(77.4%)
総計 1,351人 (分類不能 6人(0.4%)含)
第一位:公務207人 第二位:宿泊業、飲食サービス業191人 第三位:建設業154人
<母島>
第1次産業 67人(22.0%) 第2次産業 48人(15.7%) 第3次産業 188人(61.6%)
総計 305人 (分類不能 2人(0.7%)含)
第一位:建設業 42人 第二位:農業 41人 第三位:宿泊業、飲食サービス業 34人
農業・漁業 <父島>
主な農産物
(農産物生産額 28年 28,925千円、農家戸数24戸、耕地面積1,217アール
 コーヒー、マンゴー、パッションフルーツ、パパイア、ハチミツ、花き類(鉢物)等
主な漁獲物 (漁獲高  28年 467,448千円)漁協正組合員数43人
 カジキ類、ハマダイ、マグロ類、イセエビ、カメ、さわら
<母島>
主な農産物 (農産物生産額 28年 105,663千円、農家戸数27戸、耕地面積2,301アール)
 パッションフルーツ、トマト・ミニトマト、レモン、マンゴー等
主な漁獲物 (漁獲高 28年 304,574千円、漁協正組合員数22人)
 マグロ類、カジキ類、サワラ、カンパチ、ハマダイ、アカバ(アカハタ)、カメ等
観光 宿泊施設等(29年)  
宿泊施設数 父島 65  母島 13
収容人員数 父島 1,066人  母島 173人
観光客数(29年) 32,577人 宿泊者延人員(29年) 93,508人 
※ 出典 東京都産業労働局観光部「平成29年伊豆諸島・小笠原諸島観光客入込実態調査報告書」

社会資本

道路・河川 <父島>
【都道】 240号線(21.8km)
【村道】 15.7km
【河川】 2級河川:八瀬川1.3km
<母島>
【都道】 241号線(13.5km)
【村道】 4.4km
港湾 <父島>
二見港(地方港湾)、 二見漁港(第4種漁港)
<母島>
沖港(地方港湾)、母島漁港(第4種漁港)
住宅 民間住宅は少なく、都営小笠原住宅 
父島 28棟 297戸 母島 33棟 96戸が全世帯の約30%
上下水道 簡易水道普及率 父島 100.0%  母島 99.77%
地域し尿処理施設及び浄化槽:水洗化率 100%
学校 小学校  2(児童数 195:父島 168、母島 27)
中学校  2(生徒数  63:父島 55、母島 8)
都立高校1(生徒数  48:父島)
清掃施設 父島 焼却施設父島クリーンセンター 
母島 中継施設母島リレーセンター

(平成30年4月現在)

管内概要

  • 世界自然遺産小笠原諸島
  • お知らせ
  • 小笠原亜熱帯農業センター
  • 小笠原水産センター
  • 小笠原の農水産物
  • 小さな水族館
  • 小笠原の自然
  • ビジターセンターの紹介
  • 都レンジャーの活動