世界自然遺産小笠原諸島
HOME > 島民の方へ > 道路と河川に関すること > 都道に関すること

島民の方へ

道路と河川に関すること - 都道に関すること

小笠原支庁管内には都道240号線と241号線があります。うち240号線は父島に位置し土木課が管理を所管しています。このうち整備・維持補修事業を道路河川係が担当しています。なお、241号線は母島に位置し母島出張所の所管となります。
 父島に通る240号線は、正式には「一般都道父島循環線(第240号)」と称し、総延長は23.1kmです。
 道路河川係の担当する道路事業は、以下の7つの事業に細分されます。

(1)道路改修事業
道路の新設、既存道路の改修(質的向上)を行うものです。
新たな地域開発や交通需要の増加に対応して、安全で快適な交通確保を目指します。
現在は、湾岸通り(屏風谷〜扇浦間)において歩道新設、線形改良、斜面崩壊対策を、湾岸通り(西町〜東町間)において都道リフォーム事業(電線地中化を主体とした景観整備)を実施しています。
(2)道路災害防除事業
既存道路の斜面崩壊・落石防護対策を行うものです。
父島の都道の大部分は山岳斜面を擁しているため、台風や豪雨の際にはたびたび土砂崩壊や落石が発生します。このため、通過交通の安全確保を目的として、実施しているものです。
主として、落石防護ネットの設置、落石防護柵の設置、法面緑化、法面補強等の工事を実施することにより、安全度の向上を図っています。
(3)交通安全施設事業
通過交通(歩行者を含む)の安全確保と快適性の向上、行先の円滑な案内等を行うものです。
父島は島外からの観光客も多いため、歩行者や自転車の島内案内標識等の整備にも力を入れています。
警戒標識、案内標識、カーブミラー、防護柵、街灯の整備等を実施しています。
(4)橋梁整備事業
老朽化した橋梁の架け替え、既存橋梁の規格向上等を行うものです。
橋梁については、定期的に橋梁健全度調査を実施しており、その調査結果をもとに実施しています。
(5)橋梁維持事業
既存橋梁の破損箇所の補修、塗装塗り替え、清掃等を行うものです。
これらを行うことにより、橋梁の延命化をはかると同時に、通過交通の安全性と快適性を確保します。
(6)道路補修事業
既存道路の舗装打ち換え、排水施設の改良、道路附属物の補修・更新、道路緑化の推進(街路樹整備)等を行うものです。
(7)道路維持事業
既存道路の日常的な維持と、小規模の補修等を行うものです。
路面清掃、沿道除草、枯損木の伐採処理、側溝のしゅんせつ、街路樹の手入れ、街灯の保守、防護柵の取替えなど、多岐にわたります。
小笠原は夏期間が長く沿道の雑草の成長がとても速いため、沿道草除草は特に頻繁に実施しています。また、山岳斜面が多いため、落石や土砂崩壊、倒木等の発生頻度も高く、その処理を迅速に実施しています。
これらの維持補修を迅速・的確に実施するためには、日常の道路巡回調査(パトロール)を頻繁に行うことが必要であり、それを頻繁に実施しています。すぐにできる作業は職員自らが実施し、ある程度の労力や重機等を必要とする作業については、予め契約した建設会社がすぐに出動対応できる体制を日頃から整えています。

お問い合わせ先

土木課道路河川係 TEL:04998-2-2123

  • 世界自然遺産小笠原諸島
  • お知らせ
  • 小笠原亜熱帯農業センター
  • 小笠原水産センター
  • 小笠原の農水産物
  • 小さな水族館
  • 小笠原の自然
  • ビジターセンターの紹介
  • 都レンジャーの活動