ダミー
HOME > 小笠原の自然 > 大神山公園の概要

小笠原の自然

大神山公園の概要

大神山公園は、東京から太平洋を南に1,000km行った洋上に浮かぶ小笠原諸島父島にある唯一の都立公園です。魅惑的なボニンブルーの海に臨むこの公園は、丘陵地の大神山地区と、二見港に面した平坦地である大村中央地区に分かれており、場所によって様々な自然と触れ合うことができます。

大神山公園地図
地図を拡大する(PDF)

大神山地区の概要

父島の玄関口である二見桟橋のすぐ後ろに位置する大神山地区は、山頂の展望地から二見港と大村(現西町、東町)・清瀬・奥村の集落をはじめ、野羊山(やぎゅうざん)、洲崎、夜明山、旭山、三日月山、兄島を見渡すことができます。また、園路を散策すると、自生する小笠原固有の植物を観察することができます。近年これらの固有植物は園内の外来植物除去地等をはじめ、植栽に適した場所に植え付けを実施しています。また、夜には天然記念物のオガサワラオオコウモリが季節によっては食事のため飛来し、その姿を観察することが出来ます。

施設概要
駐車場 有(北入口広場)  バイク・自転車駐輪台 有(西入口広場)
トイレ 4棟(いずれも水洗、トイレットペーパー等あり)
だれでもトイレはうち1棟(ただし、オストメイト対応にはなっていません)
展望台 4箇所
広場 冒険遊戯広場(滑り台設置)/学校前広場(健康遊具設置)/記念碑広場/遺跡広場

大村中央地区の概要

海水浴で賑わう大村海岸を中心にお祭り広場、ビジターセンター、コミュニティ広場等があります。お祭り広場では年間を通じてイベントなどが数多く開催されます。特に夏期のサマーフェスティバルでは観光客も交え毎年盛り上がるイベントとなります。大村海岸では日本一早い海開きが毎年元旦に行われます。小高い丘にただずむ休憩舎は「ゲゲゲハウス」の愛称で親しまれ人気スポットとなっています。

施設概要
駐車場
トイレ 2棟(いずれも水洗、トイレットペーパー等あり。但しシャワー設備は1棟)
いずれもだれでもトイレ有り(ただし、オストメイト対応にはなっていません)  
休憩舎 2棟
広場 お祭り広場(野外ステージ有り)/児童遊戯広場(滑り台、複合遊具、鉄棒、ブランコ等設置)
  • 世界自然遺産小笠原諸島
  • お知らせ
  • 小笠原亜熱帯農業センター
  • 小笠原水産センター
  • 小笠原の農水産物
  • 小さな水族館
  • 小笠原の自然
  • ビジターセンターの紹介
  • 都レンジャーの活動