世界自然遺産小笠原諸島
HOME > 観光客の方へ > 小笠原の山を歩くためのルール

観光客の方へ

小笠原の山を歩くためのルール

ビジターのわたしたちにもできること

歩道入り口での外来種対策
認定ガイドによる案内
小笠原に来る時には

本土から小笠原に広がるおそれのある、植物や動物、土や土のついた苗などを持ち込まないようにしましょう。

小笠原に滞在中は

エコツーリズムのルールをしっかり守って自然に親しみましょう。
特に、

  • 山に行く時には、歩道や決められたルートの利用ルールを 守りましょう。
  • 山や他の島に行く時には、靴の裏や服、荷物に種や小さな虫、 グリーンアノールなどがくっついたりまぎれ込んだりして いないかチェックするようにしましょう。
小笠原を離れる時は

本土に植物の種やウズムシを持って帰らないように、もう一度 靴底チェックを忘れないようにしましょう。
小笠原の自然を守るための「小笠原ルールブック」は、 小笠原村観光協会HPに掲載されているデジタルパンフレットをご覧ください。

  • 世界自然遺産小笠原諸島
  • お知らせ
  • 小笠原亜熱帯農業センター
  • 小笠原水産センター
  • 小笠原の農水産物
  • 小さな水族館
  • 小笠原の自然
  • ビジターセンターの紹介
  • 都レンジャーの活動