ページの先頭

ページ内移動用のリンク
ヘッダーメニューへ移動
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
サイドナビゲーションへ移動
フッターメニューへ移動
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

八丈支庁トップページ > 土木課 > 建築確認を受けましょう

建築確認を受けましょう

 「自分の家やアパート、店舗等を建てる」ことは、一見すると純私的な行為で、行政が口を挟む余地はなさそうですが、実際には、建築基準法(以下「法」といいます。)の定めにより、勝手に建物を建てることはできません。

 法は、建物を建てる場合に、敷地、構造、設備、消防などの安全性について、事前に確認を受けることを義務付けています。(これを「建築確認」といいます。)
建築確認は、国民の生命、健康、財産などを守り、公共の福祉を増進するために、最低限守るべき条件をその建物が満たしているかどうかを事前に確認しておこうとする行為です。

 皆さんの建てる家やアパート、事務所などは単に個人の財産というだけでなく、それが集まって都市を形成しています。都市全体の安全のため、最低限の基準を満たしているかどうかを建築確認で確認しているのです。

 もし、この建築確認を受けずに建築に着手すると罰則の適用があるほか、法の要件を満たさない建築物については、工事の中止や是正命令、さらには建築物の除却命令が出される場合もあります。また、電気や水道の供給を保留されることもあります。ですから、建築物の新築、増築、改築、移転などを行う場合には、必ず建築確認申請を行ってください。

 確認申請は、建築主(施主)の名義で行いますが、実際の手続きは、設計者が代行する場合が多いようです。申請には、一定の手数料がかかりますので、設計料に含まれるのか、別途建築主が負担するのか、よく打ち合わせをしておいてください。

 また、建売住宅を購入したり、アパートを借りたりする場合にも、売主や貸主に建築確認済証や検査済証の有無を確認したほうが良いでしょう。ただし、建築確認は、建物の性能を保証するものではありません。

 なお、青ヶ島村は、都市計画区域外のため、申請要件が異なります。

 建築確認申請は、支庁の土木課が受付窓口となって、都庁の建築主事におつなぎしています。建築確認に関してご質問、ご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。 

お問い合わせ

担当:八丈支庁土木課管理担当
電話:04996-2-1114
内線:312

ここからフッターメニューです