お知らせ
 家族会・救う会による1000万署名運動は、平成25年4月25日に1000万筆を突破しました。署名運動は、拉致被害者全員を取り戻すまで続きますので、さらなるご支援をお願いいたします。ご協力いただける方は、救う会ホームページから用紙をダウンロードし、ご活用ください。
⇒ http://www.sukuukai.jp/img/shomei2013.pdf
(473KB)




北朝鮮による日本人拉致問題は、平成14年10月に5名の方々の帰国が実現し、平成16年5月と7月にそのご家族が帰国して以来、現在まで進展が見られず、膠着状態が続いています。
拉致被害者の方々、拉致の疑いが排除できない特定失踪者といわれる方々、そして、そのご家族は高齢化が進み、その解決は、もはや時間との戦いとなっています。
東京都としては、拉致問題を決して風化させないように、また、一刻も早い解決へ向け、世論の喚起や啓発に引き続き取り組むとともに、各道府県と連携して国への働きかけなどの取組を進めています。
都民のみなさまにおかれましては、拉致問題の解決に向け、ご理解とご協力をよろしくお願いします。 






 
PDFファイル 1.05MB



  関係機関

政府 拉致問題対策本部(内閣官房)
外務省
警察庁
警視庁
新潟県(「知事の会」事務局)
東京都総務局人権部  「じんけんのとびら」
東京都福祉保健局「『拉致被害者・家族義援金委員会』の義援金について」
  民間団体

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
特定失踪者問題調査会
東京ブルーリボンの会
あさがおの会
 




   一部の資料はPDF形式で作成されています。これらの資料を見るためにはAdobe Readerが必要です。右のマークをクリックして、ソフトをダウンロードしてからご覧ください。(無料)   PDFリーダーダウンロード(無償配布) 
お問い合わせ
本ページに関するお問い合わせは、東京都総務局人権部人権施策推進課へ
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1  E-mail :S0000043(at)section.metro.tokyo.jp ※(at)を@に変更してご使用ください。
拉致被害者・特定失踪者の方々について情報をお持ちの方は お近くの警察署・交番へ