東京都における拉致問題


ホームへ
拉致被害者・特定失踪者へ
都の主な取組へ
知事の会へ
リンクへ


東京都ホームペ−ジ
総務局ホームページ
人権部ホームページ
「じんけんのとびら」
 

「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」について

  知事の会の構成
 
全国の知事による有志の会。現在、全ての都道府県知事が参加をしている。
 
  知事の会の設立
 
   設立年月日
平成20年11月27日(木)
   発起人(当時)
石原東京都知事、泉田新潟県知事、上田埼玉県知事、堂本千葉県知事、平井鳥取県知事の5名
   会長
上田埼玉県知事
   会長代行
泉田新潟県知事
   事務局
新潟県知事政策局国際課拉致問題調整室
   拉致問題早期解決を求める要望書PDFファイル 90KB)提出(平成20年11月27日)
 知事の会の発足に伴い、首相官邸において、泉田新潟県知事、上田埼玉県知事、平井鳥取県知事及び菅原東京都副知事から河村内閣官房長官に要望書を提出し、政府に一歩踏み込んだ交渉を行うとともに、オバマ次期大統領へも働きかけを行うよう要請しました。
   共同記者会見の開催(平成21年1月13日)
 日本外国特派員協会にて共同記者会見を開催し、北朝鮮に対するメッセージ等を発表しました。
場所
  日本外国特派員協会(千代田区有楽町)
出席
  石原東京都知事、泉田新潟県知事、上田埼玉県知事、平井鳥取県知事、大澤群馬県知事
配布資料等
  北朝鮮へのメッセージ(PDFファイル 62KB)、オバマ次期大統領への書簡要旨PDFファイル 50KB)など
  平成21年1月知事の会共同記者会見 平成21年1月知事の会共同記者会見


  今年度(平成28年度)の取組
   平成28年9月17日(土)
    知事の会も主催者として参加する「最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!
国民大集会」が砂防会館シェーンバッハ・サボーで開催された。
  本集会には、安倍晋三内閣総理大臣、加藤勝信拉致問題担当大臣をはじめ、全国から約1,000名が集まり、拉致問題の早期解決を求めた。
   (知事の会からは、上田埼玉県知事が参加。東京都からは、中西副知事が参加したほか、中島神奈川県副知事、山下京都府副知事など、46都道府県が参加した。)
挨拶をする飯塚家族会代表
挨拶をする安倍内閣総理大臣
挨拶をする加藤拉致問題担当大臣
挨拶をする上田会長(埼玉県知事)
   平成28年4月9日(土)
    知事の会も主催者として参加する「最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!
国民大集会」が文京シビックホールで開催された。
  本集会には、安倍晋三内閣総理大臣、加藤勝信拉致問題担当大臣をはじめ、全国から約800名が集まり、拉致問題の早期解決を求めた。
   (知事の会からは、泉田新潟県知事が参加。東京都からは、秋山副知事が参加したほか、塩川埼玉県副知事、中島神奈川県副知事、山内京都府副知事など、43都道府県が参加した。)
挨拶をする飯塚家族会代表 挨拶をする安倍内閣総理大臣
挨拶をする加藤拉致問題担当大臣
挨拶をする泉田会長代行(新潟県知事)

これまでの要望活動等
 
   平成27年9月13日(日)
    知事の会も主催者として参加する「最終決戦のとき!不退転の決意で全員救出を!国民大集会」が日比谷公会堂で開催された。 
  本集会には、安倍晋三内閣総理大臣、山谷えり子拉致問題担当大臣をはじめ、全国から約2000名が集まり、拉致問題の早期解決を求めた。
   (知事の会からは、上田埼玉県知事・泉田新潟県知事が参加。東京都からは、秋山副知事が参加したほか、城福京都府副知事、吉川神奈川県副知事など、45都道府県が参加した。)

挨拶をする飯塚家族会代表

挨拶をする安倍内閣総理大臣
挨拶をする山谷拉致問題担当大臣

挨拶をする上田会長(埼玉県知事)
   平成27年4月26日(日)
     知事の会も主催者として参加する「最終決戦のとき!不退転の決意で全員救出を!国民大集会」が 日比谷公会堂で開催された。
  本集会には安倍晋三内閣総理大臣、山谷えり子拉致問題担当大臣をはじめ、全国から約1800名が 集まり、拉致問題の早期全面解決を求めた。
   (知事の会からは上田埼玉県知事・泉田新潟県知事が参加。東京都からは秋山副知事が参加したほか、山下京都府副知事、
吉川神奈川県副知事など、40都道府県が参加した。)

 
挨拶をする飯塚家族会代表
 
挨拶をする安倍内閣総理大臣
 
挨拶をする山谷拉致問題担当大臣
 
挨拶をする上田会長(埼玉県知事)

平成26年9月13日(土)
   知事の会も主催者として参加する「もう我慢できない!今年こそ結果を!国民大集会」が日比谷公会堂で開催された。
 本集会には、安倍晋三内閣総理大臣、山谷えり子拉致問題担当大臣をはじめ、全国から約1800名が集まり、拉致問題の早期全面解決を求めた。
  (知事の会からは上田埼玉県知事・泉田新潟県知事・山田京都府知事・平井鳥取県知事が参加。東京都からは秋山副知事が参加したほか、吉川神奈川県副知事など、41都道府県が参加した。)

挨拶をする飯塚家族会代表

挨拶をする安倍内閣総理大臣

挨拶をする上田会長(埼玉県知事)

大会の様子
平成26年4月27日(日)
   知事の会も主催者として参加する「もう我慢できない!今年こそ結果を!国民大集会」が日比谷公会堂で開催された。
 本集会には、政府関係者や国会議員等をはじめ、全国から約1500名が集まり、拉致問題の早期全面解決を求めた。
  (知事の会からは上田埼玉県知事・泉田新潟県知事・山田京都府知事・平井鳥取県知事が参加。東京都からは前田副知事が参加したほか、吉川神奈川県副知事など、37都道府県が参加した。)



挨拶をする上田会長(埼玉県知事)
平成25年9月16日(月・祝)
  知事の会も主催者として参加する「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」(日比谷公会堂)が開催され、上田会長(埼玉県知事)より、拉致問題解決へ向けた決意が述べられた。
 本集会には、安倍内閣総理大臣も参加。集会当日は台風による荒天にもかかわらず、全国から約1200名が集まり、拉致問題の早期解決を求めた。
  (東京都からは秋山副知事が参加したほか、水田神奈川県拉致問題担当理事など、36都道府県が参加した。)



挨拶をする安倍内閣総理大臣

挨拶をする飯塚家族会代表

挨拶をする上田会長(埼玉県知事)
平成25年4月27日(土)
   「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」(日比谷公会堂)に知事の会も主催者として参加。上田会長(埼玉県知事)より、今後も知事の会として取組を進めていく決意が述べられた。
 本集会には、安倍晋三内閣総理大臣、古屋圭司拉致問題担当大臣をはじめ、全国から約2000名が集まり、拉致問題の一日も早い全面解決を求めた。
  (知事の会からは上田埼玉県知事・泉田新潟県知事・古川佐賀県知事が参加。さらに、知事の代理として、東京都から前田人権担当理事が参加したほか、山内京都府副知事・水田神奈川県拉致問題担当理事など、28都道府県が参加した。)



挨拶をする飯塚家族会代表

横田滋さんから総理へ1000万署名を提出

挨拶をする上田会長(埼玉県知事)
平成25年1月17日
  一刻の猶予もない拉致問題の解決に最優先で取り組み、目に見える形で具体的な成果を出すよう政府に対して要望書(PDFファイル 162KBを提出
  (上田埼玉県知事、泉田新潟県知事、小林鳥取県人権局長から、古屋拉致問題担当大臣へ)
平成24年10月31日
  拉致被害者の救出に全勢力を傾け、目に見える形で具体的な成果を出すよう、政府に対して要望書(PDFファイル 163KBを提出
  (泉田新潟県知事、大場鳥取県東京本部長、夏目埼玉県東京事務所長から、藤村拉致問題担当大臣へ)
平成24年9月2日
  救う会・家族会・拉致議連が主催する「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」(日比谷公会堂)に、知事の会も主催者として参加した。また、拉致問題地方議会全国協議会も主催者として加わったことで、「オールジャパン」の集会となり、会場には約2,000人の聴衆が集まった。石原会長は挨拶で、「肉親を失われた両親の無念さは本当に計り知れない」「日本の命運を重ねて考えていく必要がある」と拉致問題の重要性について触れ、問題解決のためには「着実に物事を積み上げていく」ことが重要、「みんなで一生懸命やろう」と力強く会場に呼びかけた。
  (石原東京都知事・泉田新潟県知事・上田埼玉県知事・平井鳥取県知事・浜田香川県知事が参加。さらに、知事の代理として、満田福井県副知事・岡西京都府副知事・金澤兵庫県副知事・水田神奈川県拉致問題担当理事をはじめとする30道府県が参加した。)
野田総理大臣挨拶 (挨拶をする野田総理大臣) 
横田滋氏から署名提出 (横田滋氏から総理大臣に署名を提出) 
石原会長挨拶
 (挨拶をする石原会長)
平成24年4月28日
  救う会・家族会・拉致議連が主催する「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」(日比谷公会堂)に知事の会も後援・参加し、今後も知事の会として取組を進めていく決意を述べた。
  (泉田新潟県知事・吉川東京都副知事が参加)
  国民大集会1 国民大集会2

平成24年3月8日
  飯塚繁雄代表をはじめとする拉致被害者家族会及びご家族を支援し被害者救出を訴えている救う会の方々が、石原都知事(「知事の会」会長)を訪問し、拉致問題の啓発活動に関する懇談を行った
家族会・救う会からは、「日朝会談から10年経つ2012年は勝負の年である」「1000万署名を目指す」とのお話があった。
 (※ 1000万署名にご協力いただける方は、救う会のホームページをご覧ください。)
  家族会:飯塚繁雄代表、増元照明事務局長、横田滋・早紀江ご夫妻、救う会:西岡力会長、平田隆太郎事務局長、東京都:石原都知事(「知事の会」会長)、吉川副知事、兵藤特別秘書)
  知事面会
(石原知事との面会時) 
面会後取材
(面会後の取材) 

平成24年2月16日
  拉致問題の早期解決に向けて、平成24年4月13日に期限を迎える現行の制裁措置を継続するにとどまらず、必要な場合は更に強化するなど、あらゆる手立てを駆使して具体的な成果を出すよう、政府に対して要望書(PDFファイル 182KBを提出。  
  (泉田新潟県知事、吉川東京都副知事、大場鳥取県東京本部長、大野埼玉県東京事務所長から、松原拉致問題担当大臣へ)
  要望書手交 要望後ぶら下がり取材

  平成23年12月20日
  拉致被害者全員を救出に向けて政府一丸となって取り組むよう求める要望書PDFファイル 280KB)を提出。  
  (泉田新潟県知事、佐藤東京都副知事から、 三谷拉致問題対策本部事務局長代理へ)

  平成23年10月6日
  北朝鮮に対して毅然とした姿勢を貫き、現在の膠着状態を一刻も早く打開する具体的な行動を求める要望書(PDFファイル 183KB)を提出。  
  (上田埼玉県知事、吉川東京都副知事、大場鳥取県東京本部長、杉山新潟県知事政策局長から、山岡拉致問題担当大臣へ)
  23年10月大臣要望1 23年10月大臣要望2

  平成23年9月4日
  家族会・救う会・拉致議連が主催する「生きているのになぜ助けられない!政府は北朝鮮に『調査やり直し』約束の履行を強く迫れ!9/4緊急国民集会」(星陵会館)に知事の会も参加し、拉致問題の一日も早い解決を訴え、一層の世論喚起に努めることを誓った。  
  (泉田新潟県知事・吉川東京都副知事が参加)

  平成23年5月8日
  救う会・家族会・拉致議連が主催する「生きているのになぜ助けられない!すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」(日比谷公会堂)に知事の会も参加し、拉致被害者全員の早期救出を訴えた。  
  (泉田新潟県知事・上田埼玉県知事・吉川東京都副知事が参加)

 平成23年3月30日
「北朝鮮籍船舶の入港禁止」措置等の期限(平成23年4月13日)を迎えることから、北朝鮮に対する制裁措置の強化等について政府へ要望書(PDFファイル 168KBを提出
  (新潟県、東京都から内閣官房拉致問題対策本部事務局へ)

  平成23年2月3日
  拉致問題の早期解決のため、改めて一刻も早い具体的対応をとるよう政府に対して要望書(PDFファイル 178KBを提出
  (泉田新潟県知事、吉川東京都副知事・大野埼玉県東京事務所長・古川鹿児島県東京事務所長、橋本鳥取県人権局長から中野拉致問題担当大臣へ)
  中野拉致担当大臣への要望 大臣要望後のぶらさがり会見

 平成22年12月9日
北朝鮮による韓国砲撃を受け、拉致問題の早期解決のため、改めて一刻も早い具体的対応をとるよう政府に対して要望書(PDFファイル 169KBを提出
  (泉田新潟県知事、吉川東京都副知事・大野埼玉県東京事務所長・橋本鳥取県人権局長から東拉致問題担当副大臣へ)

 平成22年10月28日
拉致問題の早期解決のため、改めて一刻も早い具体的対応をとるよう政府に対して要望書(PDFファイル 181KBを提出
  (泉田新潟県知事・平井鳥取県知事、吉川東京都副知事・塩川埼玉県副知事から柳田拉致問題担当大臣へ)

 平成22年4月25日
「拉致被害者全員の早期救出を求める国民大集会」(日比谷公会堂)に知事の会にも参加し、拉致被害者早期救出を訴えた。  
  (泉田新潟県知事・吉川東京都副知事が参加)

  平成22年4月2日 
  「北朝鮮籍船舶の入港禁止」措置等の期限(平成22年4月13日)を迎えることから、北朝鮮に対する制裁措置の強化等について政府へ要望書(PDFファイル 171KBを提出
    (泉田新潟県知事・平井鳥取県知事、吉川東京都副知事・塩川埼玉県副知事から中井拉致問題担当大臣へ)

  平成21年12月17日  
  拉致問題の早期解決のため、改めて一刻も早い具体的対応をとるよう政府に対して要望書(PDFファイル 176KBを提出
    (泉田新潟県知事・加戸愛媛県知事、吉川東京都知事本局長・橋本鳥取県人権局長から中井拉致問題担当大臣へ)

  平成21年9月10日  
  拉致問題の早期解決、専任の拉致問題担当大臣の設置等について、民主党に対して要望書(PDFファイル 249KBを提出
    (泉田新潟県知事・上田埼玉県知事・加戸愛媛県知事、橋本鳥取県総務部人権局長・森兵庫県東京事務所長から民主党拉致問題対策本部長中井衆議院議員へ)

  平成21年5月6日  
  「拉致被害者全員の早期救出を求める国民大集会」(日比谷公会堂)に知事の会も参加し、拉致被害者の早期救出を訴えた。
    (泉田新潟県知事・上田埼玉県知事・吉川東京都知事本局長が参加)

  平成21年3月13日  
  「北朝鮮籍船舶の入港禁止」措置等の期限(平成21年4月13日)を迎えることから、北朝鮮に対する制裁措置の強化等について政府へ要望書(PDFファイル 310KBを提出
    (新潟県から内閣官房拉致問題調整室へ)

 ※ 本ページの敬称等は、すべて当時のものとなっております。 
  お問い合わせ
本ページに関するお問い合わせは、東京都総務局人権部人権施策推進課へ
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1  E-mail :S0000043(at)section.metro.tokyo.jp ※(at)を@に変更してご使用ください。
拉致被害者・特定失踪者の方々について情報をお持ちの方は お近くの警察署・交番へ