16 性的指向

性のあり方は様々です

「偏見や差別をなくして」 全ての人々の人権が尊重される社会を実現しましょう

性についての多様性への理解

 性的指向とは、人の恋愛・性愛の対象がどういう方向に向かうのかを示す概念であり、自分の意志で変えたり、選んだりできるものではないと言われています。
 同性愛者や両性愛者の人々は、少数派であるために正常と思われず、興味本位で見られたり、職場や学校で嫌がらせやいじめを受けるなど、日常生活や社会生活 の様々な面で人権に関わる問題も発生しています。
 性については多様性があるということについて理解を深め、性的指向の異なる人たちへの偏見や差別をなくし、全ての人々の人権が尊重される社会を実現することが大切です。
内閣府「人権要望に関する世論調査」

啓発資料等