都ホームページへ 局トップページへ お問い合わせ先一覧


●じんけんのとびらトップページへ

平成25年度に実施したイベント等の告知内容

平成25年度に東京都総務局人権部が実施したイベント等の告知内容です。
ご参加ありがとうございました。

                                                     これから実施するイベント等の情報こちら
 
概  要 開 催 内 容


北朝鮮拉致問題の解決を願う都民の集い

  

  ※チラシはこちら(PDF,約1.6MB)


日時:
平成26年2月10日(月曜日)

 13時30分〜16時20分(開場13時)

会場:
渋谷区文化総合センター大和田
さくらホール
 
※交通案内はこちら(ホールのHPへ)

主催:
政府 拉致問題対策本部
東京都
渋谷区

協賛:
(公財)東京都人権啓発センター

 
  北朝鮮当局による拉致は、わが国の主権に対する侵害でもあり、重大な人権問題でもあります。
  広く都民に拉致問題についての理解と関心を深めてもらうとともに、この問題の早期解決に向け、
 都民が思いを一つにする機会として、下記のとおり行事を開催いたします。皆さま是非お越しください。


 内容  
  (1) 主催者挨拶

  (2) 拉致被害者家族の訴え
     (飯塚繁雄 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表、横田滋・早紀江ご夫妻)  

  (3) 特定失踪者関係者の訴え(村尾建兒 特定失踪者問題調査会専務理事)

  (4) 拉致問題の解決に向けた情勢報告
     (西岡力 北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長)

  (5) ビデオメッセージの上映(俳優 津川雅彦氏)

  (6) コンサート
     (東京都交響楽団メンバーによる弦楽四重奏、三井清夏さんによるソプラノ歌唱)

 
 
※ 入場無料。事前申込不要・当日先着順(定員735名)。

 

 
【問い合わせ先】

(行事について)

総務局人権部人権施策推進課 
     電話03−5388−2588  

(拉致問題等について)

  知事本局総務部調整課 
     電話03−5388−2121  



「拉致被害者救出運動」写真パネル展

日時:
 平成25年12月9日(月)〜15日(日)
 9時30分〜17時30分(9日は23時まで)

場所:
 東京都庁第一本庁舎45階南展望室

 
    
 





 


 北朝鮮当局による拉致問題は、日本の国家主権と国民の生命・安全に関わる問題であり、また、重大な人権侵害です。平成14年10月に5人の拉致被害者の帰国が実現したものの、それから11年を経過した現在も、多数の日本人が北朝鮮に拉致されたまま、未だに救出されずにいます。
この問題への国民の関心と認識を深めるため、国は、12月10日から16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」と定めています。
 都では、この週間の趣旨を踏まえ、多くの皆さんに拉致問題に対する理解と関心を深めていただくため、「北朝鮮による日本人拉致問題の完全解決を図る東京都議会議員連盟」、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」、「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会」及び「特定失踪者問題調査会」と共同で、次のとおり写真パネル展を開催します。ぜひご来場ください。

1 写真パネル展
(1)日時 平成25年12月9日(月)〜15日(日)9時30分〜17時30分(9日は23      時まで)(最終入室は、終了時刻の30分前まで)

(2)場所 東京都庁第一本庁舎45階南展望室

(3)内容 @拉致被害者の思い出や救出運動等の写真パネルの展示

A東京都関連特定失踪者の写真パネルの展示

B啓発用ビデオの上映

        東京都庁第一本庁舎1階中央アートワーク付近にも、写真パネルを展示します。

2 開始式
(1)日時 平成25年12月9日(月)10時〜10時20分

(2)場所 東京都庁第一本庁舎45階南展望室

(3)挨拶 東京都副知事

     北朝鮮による日本人拉致問題の完全解決を図る東京都議会議員連盟会長 古賀俊昭

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表 飯塚繁雄

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長 西岡力

特定失踪者問題調査会代表 荒木和博

【問い合わせ先】

(写真パネル展について)

総務局人権部人権施策推進課 

電話03−5388−2588  

(拉致問題等について)

  知事本局総務部調整課 

電話03−5388−2121  

(展示内容について)


北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 


  電話03−3946−5780


特定失踪者問題調査会 

  電話03−5684−5058


 
 平成25年度犯罪被害者週間行事

(1)講演と映画上映
   平成25年11月19日(火)
   13時00分〜16時30分
   (12時30分開場)
   板橋区立文化会館

(2)講演と映画上映
   平成25年12月15日(日)
   13時00分〜16時30分
   (12時30分開場)
   青梅市役所




 チラシはこちら(PDF、1,316KB)


  主催:東京都、板橋区、青梅市



 11月25日から12月1日までの犯罪被害者週間にちなみ、東京都では、下記のとおり、板橋区及び
青梅市との共催による平成25年度犯罪被害者週間行事を開催します。


 (1)板橋区との共催行事 〜笑顔を取り戻すために 私たちができること〜

     開催日時   平成25年11月19日(火)
             午後1時00分から午後4時30分まで(午後0時30分開場)

     開催場所   板橋区立文化会館 小ホール

    内    容  ◆ 講演 猪野 京子 氏  * 桶川ストーカー殺人事件被害者遺族
                              「全国犯罪被害者の会(あすの会)」幹事
              「悲しみから明日へ〜桶川ストーカー事件被害者の立場から〜」 (講演60分)
            ◆ 映画 「あの空をおぼえてる」(115分/日本語字幕付)

    その他
     ・入場無料
     ・要事前申込(応募多数の場合は抽選)
     ・手話通訳あり
     ・一時保育あり(要事前申込、生後4か月から未就学児対象、定員あり)
     ・往復ハガキで下記「参加申込先」へお申し込みください。※11月7日(木)必着

    【参加申込先・問合せ先】
     板橋区政策経営部男女社会参画課 (〒173-0015 板橋区栄町36-1)
     電話:03-3579-2486

   ※詳細は、チラシ参照。

 (2)青梅市との共催行事 〜みんなの命、家族の命、命の大切さを考える〜

    開催日時   平成25年12月15日(日)
              午後1時00分から午後4時30分まで(午後0時30分開場)

    開催場所   青梅市役所 2階会議室

    内    容   ◆ 講演 中土 美砂 氏 *「公益社団法人被害者支援都民センター」犯罪被害相談員
                            「特定非営利活動法人いのちのミュージアム」理事
              「交通犯罪遺族として」 (講演60分)
             ◆ 映画 「0(ゼロ)からの風」(110分/日本語字幕付)

    その他
      ・入場無料
      ・事前申込不要(当日先着順)
      ・手話通訳あり
 
    【問合せ先】
     青梅市防災安全部生活安全課市民相談係
     電話:0428-22-2816

   ※詳細は、チラシ参照。



第65回人権週間行事
講演と映画の集い

 

  ※チラシはこちら(PDF,約1.6MB)


日時:
平成25年12月6日(金曜日)

 13時30分〜16時45分(開場13時)

会場:
西東京市保谷こもれびホール
メインホール
 
※交通案内はこちら(ホールのHPへ)

主催:
東京都人権啓発活動ネットワーク協議会
 (東京都・東京法務局・東京都人権擁護
 委員連合会・(公財)人権擁護協力会)
西東京市

協賛:
(公財)東京都人権啓発センター

 
 12月10日は「人権デー」、12月4日から10日までは「人権週間」です。
 「世界人権宣言」が昭和23年(1948年)12月10日に国連総会において採択されてから、
本年で65周年を迎えます。

 昨今、様々な人が分け隔てられることなく活躍できる社会の実現に向けた取組が求められています。
 誰もが能力を発揮して参加できる社会を実現するには、どのようなことが必要なのでしょうか。
 人権週間にちなみ、このような課題についてあらためて考えるきっかけとなるよう、
「講演と映画の集い」を開催します。皆様お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

  
 ○講  演
    講 師  菊池 桃子 氏 (女優・タレント・戸板女子短期大学客員教授
                           ・NPO法人キャリア権推進ネットワーク理事)


    演 題  「ソーシャル・インクルージョンって、なに?」  手話通訳・パソコン要約筆記を実施

                  … 少子高齢化、人口減少が進んだ日本が元気を維持するキーワードは、国連が世界に向けて
               呼びかけた「ソーシャル・インクルージョン」という理念です。その意味は、社会の中から排除する
               人をつくってはならないというもの。年齢、性別、障害の有無などを越えて、誰もが参加できる社会
               に向けた方策をお話しします。
                芸能人で論文も書く私が、楽しくわかりやすく解説します。


           【講師プロフィール】
                1968年東京都生まれ。1984年芸能界デビューし、トップアイドルとして歌・ドラマなどで活躍。
                その後、法政大学大学院で雇用政策などを学び、2012年同政策創造専攻修士課程を修了。
               同年8月母校の戸板女子短期大学の客員教授に就任し、キャリア教育の講義を担当している。
               2013年4月からNPO法人キャリア権推進ネットワークの理事も務める。
                現在は、ラジオパーソナリティー、TVドラマへの出演など女優・タレント活動をしながら、様々な
               人がより良いキャリアを形成できる社会の実現に向けた社会貢献活動にも力を入れている。
                また、1男1女の母でもある。


 ○映画上映  「パラレル」(2009年/日本)  ※日本語字幕付きで上映

                  … 愛はすべてを乗り越える―。
                事故により選手生命を奪われたJリーガーが車椅子バスケットボールでパラリンピック出場を目指す!
                 京谷和幸氏の実話をもとに描く感動の物語。  【文部科学省選定】

 
              【監督】武藤数顕 【出演】要潤、島谷ひとみ、細川茂樹 【製作】「パラレル」フィルムパートナーズ 
              【配給】ギャンビット

  
 ○資料・パネル展
    資料・パネル展示(人権バスハイク、人権の花育成日誌など)
    展示「読む人権 じんけんのほん」
   ※ 資料・パネル展のみ、当日11時より開場

 
 ※ 入場無料。事前申込不要・当日先着順(定員662名)。

 ※ 託児室を用意しています(1歳以上の未就学児。要予約)。
   託児室を利用ご希望の方は、11月28日(木曜日)17時までに、東京都総務局人権部
  (03-5388-2588)までご連絡ください。
 



第65回人権週間行事
トーク&パフォーマンスと映画の集い

 

  ※チラシはこちら(PDF,約1.4MB)


日時:
平成25年12月10日(火曜日)

 13時30分〜16時15分(開場13時)

会場:
タワーホール船堀
大ホール
 
※交通案内はこちら(ホールのHPへ)

主催:
東京都人権啓発活動ネットワーク協議会
 (東京都・東京法務局・東京都人権擁護
 委員連合会・(公財)人権擁護協力会)
江戸川区

協賛:
(公財)東京都人権啓発センター
 

 12月10日は「人権デー」、12月4日から10日までは「人権週間」です。
 「世界人権宣言」が昭和23年(1948年)12月10日に国連総会において採択されてから、
本年で65周年を迎えます。

 人権週間にちなみ、人権に関する正しい理解と認識を深めるとともに人権意識を高めることが
できるよう、「トーク&パフォーマンスと映画の集い」を開催します。
 皆様お誘いあわせのうえ、ぜひご来場ください。

 ○トーク&パフォーマンス
    出演者  村ア 修二(猿舞座主宰
          村ア 耕平(猿舞座)夏水(ニホンザル)
          上島 敏昭(浅草雑芸団代表)

    演  題  「いのちみつめて うたをこぼせ」  手話通訳・パソコン要約筆記を実施

              〜伝統芸能「猿まわし」復活の物語〜

            かつて被差別部落の人々により発展・継承されてきた芸能「猿まわし」の復活の経緯や、
               同和問題をはじめとする人権問題について、ギターによる弾き語りでお話しします。
                また、伝統的な「本仕込み」による感動的な猿まわしを披露します。


              【出演者プロフィール】
                村ア修二 氏
                  1947年山口県光市生まれ。
                  ほぼ絶滅しかけていた芸能・猿まわしの復活・伝承運動の中心的な一人として、
                 約30年前から活動。1982年から山口県周東町を拠点に「猿舞座」を主宰し、伝統的な
                 「本仕込み」(無理に調教するのではなく、猿と仲間的関係になって芸を行わせる手法)
                 による猿の演芸を日本各地で披露している。
                  同時に人権やいのちの大切さを訴える講演も行っている。
                村ア耕平 氏
                  1977年山口県光市生まれ。父は猿舞座主宰の村ア修二。
                  2000年劇団「東京乾電池」14期研究生。以後俳優・脚本家として活動。2005年から
                 猿舞座に参加、猿まわし芸人の道に進む。2006年からニホンザルの夏水君とコンビを
                 結成。
                夏水 君
                  京都嵐山生まれ。9歳のオス。


 ○映画上映  「家庭の中の人権 生まれ来る子へ」(2013年/日本)  ※日本語字幕付きで上映

            「イクメンは変ですか」「よかれと思って」「親の介護をするのは誰」「愛情とは支配すること?」
               ―ある祖父母と孫夫婦の会話を通して、私たちの身の回りの人権問題を描きます。 
               【文部科学省選定】

           【企画・制作】東映株式会社教育映像部

 ○資料・パネル展
    展示「読む人権 じんけんのほん」


 ※ 入場無料。事前申込不要・当日先着順(定員750名)。

 ※ 託児室を用意しています(1歳以上の未就学児。要予約)。
   託児室を利用ご希望の方は、11月28日(木曜日)17時までに、東京都総務局人権部
  (03-5388-2588)までご連絡ください。


 

人権フォーラムin 2013



開催期間:
平成25年8月23日(金)
〜8月25日(日)
 
場所:
新宿区立四谷区民ホール
新宿駅西口広場イベントコーナー
都庁第一本庁舎南展望室



チラシはこちら(PDF、1,750KB)


主催:
東京都人権啓発活動ネットワーク協議会(東京都・東京法務局・東京都人権擁護委員連合会・
(公財)人権擁護協力会)
新宿区

協賛:
(公財)人権教育啓発推進センター
(公財)東京都人権啓発センター




 

    東京都では、都民の皆様が様々な人権問題について考え、理解と認識を深められるよう、
  「人権フォーラムin 2013」
を以下のとおり開催します。皆様のご参加をお待ちしています。


  講演と映画の集い

  (1) 日 時   8月23日(金曜日) 13時30分〜17時 (開場13時)

  (2) 会 場   新宿区立四谷区民ホール
               ※交通・アクセス
                 地下鉄:東京メトロ丸ノ内線 「新宿御苑前」 2番出口(大木戸門)より徒歩5分
                 都バス:品97 新宿駅西口〜品川車庫 「新宿1丁目」 下車

  (3) 内 容   ○講 演 (75分。手話通訳・要約筆記あり)                       
              大渕 愛子 氏 (アムール法律事務所代表弁護士)
               「仕事、結婚etc.
                自分の価値観で選べる社会へ 〜男女が真に助け合う時代〜」

 
                  〜「行列のできる法律相談所」等でもおなじみの大渕弁護士が、
                   男女平等参画をテーマに講演します。
                                  
           ○映 画 (88分。字幕付)
               「アイ・コンタクト もう1つのなでしこジャパン ろう者女子サッカー」

                    
                                                       (c)アイ・コンタクト製作委員会

  (4) 参加方法  ・入場無料。当日会場先着順450名。
            ・託児あり(1歳以上の未就学児。要事前予約)
              ※託児の利用を希望される方は8月9日(金)17時までに下記までご連絡ください。
                 東京都総務局人権部 人権施策推進課 (電話)03−5388−2588

  (5) 参考情報 全国障害者スポーツ大会を含む「スポーツ祭東京2013」が以下の日程で開催されます。
                第68回 国民体育大会          9月28日(土)〜10月8日(火)
                第13回 全国障害者スポーツ大会  10月12日(土)〜10月14日(月・祝)
              詳しくは、次のリンクから、スポーツ祭東京2013実行委員会のホームページをご参照ください。

               


 2 高校生と著名人の人権メッセージ展

  (1) 日 時   8月23日(金曜日)〜8月25日(日曜日) 9時〜20時(最終日は15時まで)

  (2) 会 場   新宿駅西口広場イベントコーナー

  (3) 内 容   ○高校生と著名人の人権メッセージパネル展

            ○資料・パネル展示
             〜同和問題、拉致問題、犯罪被害者等の人権、HIV感染者・ハンセン病患者等の人権、
              アイヌの文化 など

            ○物産品販売ほか
              ◇福島県の物産品販売 〜福島県の復興を応援しよう!〜
                 8月23日(金) 10時〜20時
                    ※「ふくしま⇔東京キャンペーン」の一環として実施します。

               ◇東京都千葉福祉園 農産物・工芸品等販売
                 8月24日(土) 10時〜16時30分
                 8月25日(日) 10時〜15時

              ◇東京都人権啓発センター クラフト教室
                 8月23日(金)〜8月25日(日) 9時〜20時(最終日は15時まで)

            ○ステージ
                                  ※ステージの上演スケジュールはこちら
              ◇つば九郎の一日人権擁護委員"鳥"委嘱式 ほか
                 8月25日(日) 10時30分〜11時 一日人権擁護委員"鳥"委嘱式
                           11時30分〜12時 筆談トークショー ほか
                    〜東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクター「つば九郎」と、
                     スタジアムDJ「パトリック・ユウ」が新宿駅西口広場にやって来る!

                       

              ◇人権トーク&ミニライブ  真弓 瞬 〜自身の体験を語る〜
                 8月24日(土) 15時〜15時45分
                     〜性同一性障害のミュージシャンによるトークとライブ

              ◇アイヌ伝統楽器演奏 居壁 太
                 8月24日(土) 11時〜12時
                     〜樺太アイヌに伝わる伝統的な弦楽器「トンコリ」の生演奏
        
              ◇アイヌ古式舞踊 レラの会
                 8月24日(土) 13時〜14時
                 8月25日(日) 13時〜14時
                     〜アイヌの人々によって伝承された重要無形民俗文化財の披露

              ◇伝統芸能猿回し 太郎次郎一門の弟子 まさえこうめ
                 8月23日(金) 14時30分〜15時
                     〜可愛いお猿さんの芸を見て楽しんでください。

              ◇新内流し 岡本紋弥・千弥
                 8月23日(金) 18時30分〜/19時30分〜(各回15分)
                     〜哀調を込めた節回しと色町のBGMとして江戸時代から庶民に
                     親しまれた伝統音楽〈新内〉の演奏
 
              ◇ヘブンアーティストのパフォーマンス
                to R mansion
                 8月23日(金) 11時〜/13時〜(各回30分)

                グレゴの音楽一座 
                 8月24日(土) 17時〜/18時30分〜(各回30分)

              ◇JAZZ演奏 Apple Seeds
                 8月23日(金) 16時30分〜17時30分


 3 資料・パネル展

  (1) 日 時   8月23日(金曜日)〜8月25日(日曜日) 9時半〜17時30分(最終入場17時)

  (2) 会 場   都庁第一本庁舎 南展望室

  (3) 内 容   ○パネル展示
              〜同和問題、拉致問題、その他人権一般 など

            ○「読む人権 じんけんのほん」(東京都人権プラザ出張展示)

            ○「コピーとアートでつたえる人権。」(人権ポスター展) コピー=電通 アート=美大生


 4 主催及び協賛

  (1) 主 催   東京都人権啓発活動ネットワーク協議会
             (東京都・東京法務局・東京都人権擁護委員連合会・公益財団法人人権擁護協力会)
            新宿区
  (2) 協 賛   公益財団法人人権教育啓発推進センター
            公益財団法人東京都人権啓発センター


 5 問合せ先

  東京都総務局人権部 人権施策推進課  (電話)03−5388−2588



 ★新宿駅西口広場イベントコーナー ステージ 上演スケジュール 
                                        ※各プログラムの内容紹介はこちら
   8/23(金) 8/24(土)  8/25(日) 
9:00      
     
 10:00      
    10:30-11:00つば九郎委嘱式
 11:00 11:00-11:30 to R mansion 11:00-12:00
 アイヌトンコリ演奏 居壁太
 
  11:30-12:00つば九郎筆談
 12:00      
     
 13:00 13:00-13:30 to R mansion 13:00-14:00
 アイヌ古式舞踊 レラの会
13:00-14:00
 アイヌ古式舞踊 レラの会
 
 14:00      
14:30-15:00 まさえこうめ    
15:00   15:00-15:45
 人権トーク&ライブ 真弓瞬
※最終日は15:00まで
 
16:00    
16:30-17:30 Apple Seeds   
17:00 17:00-17:30 グレゴ音楽一座
   
18:00    
18:30-18:45 岡本紋弥・千弥 18:30-19:00 グレゴ音楽一座
19:00    
19:30-19:45 岡本紋弥・千弥  


 
   
日 時 内 容
場 所
お問合せ
その他
 平成25年5月14日(火)
13時30分〜17時

(※13時開場予定)


平成25年度憲法週間行事
「講演と映画の集い」開催の
お知らせ
赤坂区民センター
区民ホール 

(定員400名)
東京都
総務局人権部
人権施策推進課
電話:
03-5388-2588
FAX:
03-5388-1266
・入場無料、当日会場先着順
託児室あり(1歳以上の未就学児まで、要予約)

※託児室をご希望の方は4月26日(金)17時までに
ご連絡ください。
連絡先:東京都総務局人権部
人権施策推進課
電話:03-5388-2588
FAX:03-5388-1266
 

 


東京都総務局
TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT
BUREAU OF GENERAL AFFAIRS

お問い合わせ先一覧