犯罪被害者週間行事

 11月25日から12月1日までの犯罪被害者週間(※)にちなみ、東京都では毎年、犯罪被害者週間行事を開催しております。
 犯罪の被害に遭うと、身体的被害のほか、捜査や裁判に伴う負担、噂や中傷による精神的苦痛など、多くの困難な問題に直面し、被害者とその家族の生活は一変します。こうした状況に関する都民の理解を促し、被害者等を社会全体で支えていくきっかけとすることを目的としています。

※平成17年12月に閣議決定された「犯罪被害者等基本計画」において、毎年、「犯罪被害者等基本法」の成立日である12月1日以前の1週間が「犯罪被害者週間」と定められました。

平成29年度犯罪被害者週間行事

 11月25日から12月1日までの犯罪被害者週間にちなみ、東京都では下記のとおり、大田区及び東久留米市との共催による平成29年度犯罪被害者週間行事を開催します。
平成29年度犯罪被害者週間行事チラシ

1 大田区との共催行事《寄り添い続けよう ~被害者のためにできること~》

(行事詳細)
 1 開催日時 平成29年11月13日(月曜日)
           14時00分から16時45分まで(13時30分開場)
 2 開催場所  大田区民ホール・アプリコ(小ホール)
           アクセス  ホールHPを参考にしてください。
 3 内容
 (1) 講演 「性被害者を傷つけない社会に」
    講師 村木 厚子氏( 若草プロジェクト代表呼びかけ人 元厚生労働事務次官)
 (2) パネルディスカッション 「性被害の実態を知り、理解と支援を拡げよう」
      コーディネーター 飛鳥井 望 氏(精神科医・(公社)被害者支援都民センター理事長)
         パネリスト  小西 聖子 氏(武蔵野大学教授)
                 遠藤 智子 氏((一社)社会的包摂サポートセンター事務局長)
                 小澤 雅人 氏(映画監督)
 4 申込方法 ◆要事前申込(応募多数の場合は抽選)
           ◆申込先 
           〈はがき〉〒144-8621 大田区蒲田5-13-14 大田区総務部人権・男女平等推進課
           〈FAX〉 03-5744-1556
           〈Web〉 大田区HP・申込フォームよりお申し込みください。
  ※申し込みの際は、 ①「犯罪被害者週間行事」希望 ②申込者全員の郵便番号・住所・氏名 ③代表者の連絡先電話番号、
    ④一時保育(*)を希望する場合は「保育希望」と記入し、子どもの人数と年齢を明記してください。
  ◆〈申込期限〉10/27(金曜日)必着
  ◆当落については11月6日頃に、はがきをお送りします。

 5 その他
  ◆一時保育
    対象 1歳半以上の未就学児
    定員 5名
    申込時に記載してください。
  ◆手話通訳有り
  ◆定員 160名
  ◆主催 東京都、大田区
2 東久留米市との共催事業《共に生きよう ~かなしみに寄り添いながら~》

(行事詳細)
1 開催日時 平成29年12月2日(土曜日)
14時00分から16時50分まで(13時30分開場)
2 開催会場 東久留米市立生涯学習センター まろにえホール
アクセス  まろにえホールHPを参考にしてください。
3 内容
◆講演 「いのちの重さを見つめ続けた16年」
講師 本郷 由美子 氏 (池田小学校事件の被害者遺族、精神対話士)
◆ コンサート  
奏者 警視庁音楽隊
曲目(予定) 「美女と野獣」「花束を君に」他

4 申込方法 申込不要。(一時保育は要申込です。) 当日先着順。
          直接会場へお越しください。
  
5 その他
 ◆一時保育
   対象 1歳半以上の未就学児
   定員 5名
   申込方法 電話受付
          042-470-7738 東久留米市市民部生活文化課
 ◆手話通訳有り
 ◆定員 250名
 ◆主催 東京都、東久留米市