児童虐待防止への取組が強化されました
  昨今、児童虐待によるいたましい事件が頻発しています。
 そこで、厚生労働省は、平成19年1月23日、児童相談所運営指針等を改正して、即日、全国へ通知し、児童虐待防止対策の強化を図りました。

 ○ 強化の主なポイントは、次のとおりです。
1 児童相談所が受け付けた虐待に関する情報
  すべて虐待通告として受理し対応する。

2 児童相談所の迅速かつ的確な対応の確保
  子どもの安全確認を行う時間ルールを設定(48時間以内が望ましい。)

3 「きょうだい」事例への対応を明確化
  虐待を受けた子どもにきょうだいがいる場合には、一時保護の実施を含めた積極的な対応を検討する。

4 在宅の虐待事例への定期的フォロー
  児童相談所が担当しているすべての在宅の虐待事例について、その状況を会議で定期的に検討する。

5 関係機関での情報共有の徹底
 ・ 関係機関の関与が必要な事例について、児童相談所は、市町村等への情報提供を必ず行う。
 ・ 児童相談所と警察署等との連携体制を整備し、相互に情報交換しつつ対応する。

 以上のほか、平成19年夏を目途に実施が予定されている事項もあります。

  取組の詳細については、厚生労働省のウェブサイト(こちらをクリックしてください。)をご覧ください。