12月10日〜16日は「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です
  平成18年6月、「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行されました。
 この法律は、北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに、国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し、その抑止を図ることを目的としています。

 この法律の中で、毎年12月10日から同月16日までの7日間を「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされ(第4条)、全国でさまざまな取組を行うことが期待されています。

 なお、
・北朝鮮人権侵害問題啓発週間については法務省のウェブサイト(こちらをクリックしてください。)
・拉致問題の概要や経緯については首相官邸のウェブサイト(こちらをクリックしてください。)及び外務省のウェブサイト(こちらをクリックしてください。)
 をご覧ください。