エイズの啓発拠点「ふぉー・てぃー」を開設しました
 平成19年6月1日、都は、豊島区池袋にエイズの啓発拠点「ふぉー・てぃー」を開設しました。
 「ふぉー・てぃー」は、エイズや性感染症の予防啓発について、様々な企画案を若者の視点から募り、それらについて、地域と協力しながら同世代の若者に発信していく、若者が当事者となる新たな手法を試みる施設です。
 「ふぉー・てぃー」では、学校、職場、地域等で予防啓発にかかわる方や若者との緩やかなネットワークを構築するとともに、勉強会、展示会等を企画していきます。


 <名称の由来>

 
 東京都の10代(Teen)からの若者のために(For)、エイズ・性感染症予防に取り組むという意味があります。


 <場所>

豊島区東池袋一丁目20番9号  豊島区池袋保健所1階
AIDS知ろう館内(池袋駅東口から徒歩5分)


<開設時間>

1  月曜日、水曜日、木曜日、金曜日:午後3時から午後8時まで
2  土曜日、日曜日、祝日     :午後1時から午後6時まで


<具体的な取組>

1 若者、学校・教育関係者、企業関係者などの対象者別に、若者やNPO法人等が企画したテーマで勉強会(ワークショップ)を実施します。
2 学生の夏休み自由研究などの自主的な勉強について、アドバイスや情報提供を通じて支援します。
3 エイズ・性感染症に関する資料を備えており、閲覧や貸出しを行います。
4 会議室があり、エイズ・性感染症予防啓発活動については無料で利用できます。


 「ふぉー・てぃー」の詳細については、東京都福祉保健局のウェブサイト(こちらをクリックしてください)及びふぉー・てぃーのウェブサイト(こちらをクリックしてください。)を、AIDS知ろう館については豊島区のウェブサイト(こちらをクリックしてください。)をご覧ください。