平成18年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果が公表されました
 1911月、文部科学省は「平成18年度児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果が公表されました。今回からいじめの定義見直しをはじめ、大幅に改定された調査票に基づいて行われ、18年度の国・公・私立の小・中・高等学校及び特殊教育諸学校におけるいじめの認知件数は、124,898件で前年度の約6倍となりました。
 
リンク 文部科学省のウェブサイト