公的機関、民間企業の障害者の雇用率が公表されました
 平成20年11月の厚生労働省の発表によると、20年6月1日現在、従業員56人以上の企業の障害者雇用率は1.59%で、前年比0.04ポイント増となり、障害者雇用は着実に進展していますが、法定雇用率(1.8%)は引き続き下回っています。法定雇用率を達成している企業の割合は1.1ポイント増の44.9%です。
 また、国の機関では全ての機関で法定雇用率(2.1%)を達成し、都道府県の機関では知事本局は全ての機関で達成しているが、知事本局以外の機関は7.1%の機関が法定雇用率の未達成となっています。

 
リンク 厚生労働省のウェブサイト