「刑事裁判被害者参加制度、損害賠償命令制度」が導入されました
 平成20121日、改正刑事訴訟法等の施行に伴い、被害者参加制度が導入されました。被害者参加制度とは、犯罪被害者等が一定の要件の下で、公判期日に出席し、被告人に対して質問を行うなど、刑事裁判に直接参加することができる制度です。
 また、損害賠償命令制度は、犯罪被害者等が刑事裁判を行っている裁判所に被告人に対する損害賠償請求の申立てを行い、裁判所が刑事事件について有罪の言渡しをした後、当該賠償請求についての審理・決定をすることができる制度です。
 
リンク 内閣府犯罪被害者等施策のウェブサイト