「新拉致問題対策本部」が設置、開催されました
 平成211013日、政府は閣議で、拉致問題の解決に向けた取組を機動的に推進するため、新たな拉致問題対策本部を設置しました。全閣僚参加の従来の対策本部は廃止し、構成員を本部長の内閣総理大臣と拉致問題担当大臣、内閣官房長官、外務大臣とし、必要があると認めるときは、関係大臣等に出席を求めることができるとしました。
 また、平成211027日には、第1回会合が開催され、「本部事務局の体制及び予算」と「今後の進め方」についての意見交換が行われました。新たな拉致問題対策本部事務局については、「総務・拉致被害者等支援室」、「政策調整室」、「情報室」の3つの室の体制とし、特に情報関係については、人員及び予算を含めて強化することとしました。

 関連リンク 「拉致問題対策本部」(首相官邸のウェブサイト内)
       「拉致問題対策本部」(首相官邸のウェブサイト内)