「61日現在の障害者の雇用状況」が発表されました
 平成2111月、厚生労働省発表「61日現在の障害者の雇用状況」によると、民間企業(56人以上規模の企業;法定雇用率1.8%)に雇用されている障害者数は、約332,800人(身体障害者268,266人、知的障害者56,835人、精神障害者7,710人)で、実雇用率1.63%と過去最高となりました。法定雇用率を達成している企業の割合は45.5%で、前年度比で0.6ポイント上昇しました。但し、企業規模別で見ると、1,000人以上規模企業の実雇用率は1.83%で、初めて法定雇用率を超えた一方で、中小企業の実雇用率は引き続き低い水準で低迷しており、特に100299人規模の企業においては、実雇用率1.35%と最も低い水準でした。

 関連リンク 「厳しい雇用情勢の中、民間企業の障害者雇用は進展(平成21年6月1日現在の障害者の雇用状況について)」(厚生労働省のウェブサイト内)