「刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律」が施行されました
 平成224月27日、刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律(いわゆる公訴時効に関する法律案)が公布、同日施行されました。今回の改正は、近年における人を死亡させた犯罪をめぐる諸事情に鑑み、これらの犯罪に対する適正な公訴権の行使を図るため、これらの犯罪のうち法定刑に死刑が定められているものについて公訴時効の対象から除外するとともに、これらの犯罪のうち法定刑に懲役又は禁錮が定められているものについて公訴時効の期間を改めるほか、刑の時効について改めるという内容になります。

 関連リンク 「刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律要綱案」(法務省のウェブサイト内)