平成22年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」に ついて(平成23年8月)

文部科学省では、児童生徒の問題行動等について、今後の生徒指導施策推進の参考とするため、毎年標記調査を実施しています。今般、平成22年度の調査結果がまとまりましたので、公表します。
 調査結果の主な特徴
@小・中・高等学校における暴力行為の発生件数は約5万9千件(前年度 約6万1千件)で、児童生徒1000人当たりの発生件数は4.4件(前年度4.3件)である。
A小・中・高・特別支援学校における、いじめの認知件数は約7万5千件(前年度 約7万3千件)で、児童生徒1000人当たりの認知件数は5.6件(前年度5.1件)である。
B小・中学校における、不登校児童生徒数は約11万5千人(前年度 約12万2千人)で、不登校児童生徒の割合は1.14%(前年度1.15%)である。
C高等学校における不登校生徒数は約5万3千人(前年度 約5万2千人)で、不登校生徒の割合は1.66%(前年度1.55%)である。
D高等学校における中途退学者数は約5万3千人(前年度 約5万7千人)で、中途退学者の割合は1.7%(前年度1.7%)である。
E小・中・高等学校において自殺した児童生徒は147人(前年度165人)である。 

 関連リンク   http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/08/1309304.htm