平成23年度雇用均等基本調査(平成24年5月)

厚生労働省は、平成245月、平成23年度雇用均等基本調査を発表した。

【育児休業取得割合】

@     女性
 平成2110月1日から平成22年9月30日までの1年間に在職中に出産した女性のうち、平成2310月1日までに育児休業を開始した者(育児休業の申出をしている者を含む。)の割合は87.8%と平成22年度調査(83.7%)に比べ4.1ポイント上昇した。
A 男性
 平成2110月1日から平成22年9月30日までの1年間に配偶者が出産した男性のうち、平成2310月1日までに育児休業を開始した者(育児休業の申出をしている者を含む。)の割合は2.63%で前回調査(1.38%)に比べ1.25ポイント上昇し過去最高となった。

【短時間正社員制度の導入状況】
 フルタイム正社員より一週間の所定労働時間が、短い又は所定労働日数が少ない正社員として勤務することができる短時間正社員制度(育児・介護のみを理由とする短時間・短日勤務は除く。)がある事業所の割合は20.5%と平成22年度調査(13.4%)に比べ7.1ポイント上昇した。

関連サイト http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/71-23.html