平成24年7月から新しい在留管理制度がスタート(平成24年7月)

新しい在留管理制度は,外国人の適正な在留の確保に資するため,法務大臣が,我が国に在留資格をもって中長期間在留する外国人を対象として,その在留状況を継続的に把握する制度です。
 
 この制度の対象者には,氏名等の基本的身分事項や在留資格,在留期間が記載され,顔写真が貼付された「在留カードが交付」されます。また,この制度の導入により在留状況をこれまで以上に正確に把握できるようになりますので,「在留期間の上限」をこれまでの3年から「最長5年」とすることや,出国の日から1年以内に再入国する場合の再入国許可手続を原則として不要とする「みなし再入国許可制度の導入」など適法に在留する外国人の方々に対する利便性を向上する措置も可能になります。

 
 なお,新しい在留管理制度の導入に伴って「外国人登録制度は廃止」されることになります。

関係サイト http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html