「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律(リベンジポルノ防止法)」が公布されました
 平成26年11月27日、「私事性的画像の提供等による被害の防止に関する
法律」が公布されました。
 この法律は、私事性的画像記録の提供等を処罰するとともに、「特定電
気通信役務提供者の損害賠償責任及び発信者情報の開示に関する法律(プ
ロバイダ責任制限法)」の特例等について定めることにより、個人の名誉
及び私生活の平穏の侵害による被害の発生又はその拡大を防止することを
目的としています。
 主な内容は以下のとおりです。


 
 1 罰則
  (1) 公表罪
    第三者が撮影対象を特定することができる方法で、私事性的画像
  記録(物)を不特定若しくは多数の者に提供し、又は公然と陳列し
  た者に対しては、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金。
 
(2) 公表目的提供罪
   (1)の行為をさせる目的で、私事性的画像記録(物)を提供した者
  に対しては、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
 
 2 プロバイダ責任制限法の特例(画像の削除)
   私事性的画像記録に係る情報がインターネット上に流通することに
  よって名誉又はプライバシーを侵害されたとする人から、プロバイダ
  が削除の申出を受け、当該情報の発信者に対して削除に同意するか否
  かによって照会し、照会から2日を経過しても発信者から削除に同意
  しないという回答がない場合、当該情報を削除したプロバイダは損害
  賠償責任を負わない。
   また、当該画像又は動画を撮影された人がなくなっている場合、そ
  の人の「配偶者、直系の親族又は兄弟姉妹」であれば、プロバイダに
  当該情報の削除の申出ができる。

関連サイト(警視庁HP)
 「平成27年版犯罪被害者白書」コラム11
http://www.npa.go.jp/hanzaihigai/whitepaper/w-2015/html/zenbun/
part2/s2_2_2c11.html

 「リベンジポルノの被害を防止するために
http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/shiseigazouboushi/index.html