管内町村情報

大島町

大島は東西約9km、南北15km、周囲約52km、面積は91.06㎡あり、伊豆諸島中最大の島であり、その大部分は玄武岩質で形成されている。
島のほぼ中央には外輪山で囲まれた10K㎡ほどの砂漠と言われる火口原(カルデラ)があり、この中に三原山764m(中央火口丘)がある。
大島の東側は断崖絶壁であるが西側は勾配が緩やかで平地が開けている。中央火口原を除き全島森林に覆われており、島内6つの集落は海岸に沿って発達している。

利島村

利島は、大島の南方約28kmの海上にあり、周囲8km、面積約4.12k㎡の小島で、海岸は断崖が続き、平地はなく、中腹北寄りに集落がある。
玄武岩質から成り立っているが、表土は伊豆諸島中で最も地味が超えており、全島ほとんどが「つばき」で覆われ、カツオドリの群楼が見られる。

新島村

新島は、大島の南南西約44kmの海上にあり、東西中央部では幅約2km、南北約11.5km、周囲28km、面積約23.87k㎡のほぼひょうたん形をした島で、大島と異なり流紋岩で形成されている。
島の南部には向山が隆起し、北部には本島中最高の宮塚山とそれに連なる新島山がそびえている。島のほぼ中央部は東西に平地が開け、西側海岸に面して本村の集落がある。島の最北部、新島山ろくには西海岸に面して若郷の集落がある。西側海岸線は前浜と呼ばれ七島髄一の広い砂浜である。東海岸の羽伏浦は約5kmの海岸線が白い砂と白く輝く断崖で形成されている。

式根島は、新島の南方約8kmの海上に位置する新島の属島である。周囲約12km、面積は3.90k㎡、地形はほとんど平盤台地で隆起した高地は見られない。海岸線は断崖で囲まれているが、七島中もっとも変化に富んでいて数多くの入り江があり、白砂青松奇岩絶景に恵まれている。
島の東南部海岸には2か所、天然の露天風呂がある。集落は他島と異なり島内各地に転々と散在している。

神津島村

神津島は新島の南方約25kmの海上、伊豆諸島のほぼ中心にある。東西約4km、南北約8km、周囲約22kmで面積は約18.87k㎡である。
島の中央には天上山が屹立し、それより南へ高処山・秩父山とらくだの背状に連なっている。天上山に源を発する神津沢は伊豆諸島中最大の沢で、ふだんは水が少ないが豪雨の際は濁流が氾濫することがある。その下流の海岸線は断崖で囲まれ、わずかに集落の前の海岸が開けているのみで、ここに岩礁を利用した神津島港がある。

ページTOPへ
ページTOPへ
Copyright © 2014 東京都大島支庁 All rights reserved.