基金について

基金について

 都は、都民、国民の皆様から寄せられた東京都尖閣諸島寄附金を、尖閣諸島の所有者となった国に、島々を活用していく資金として託すため、また、寄附金を厳格に管理していくため、都の「基金」としました。

基金の概要

・基金の名称:東京都尖閣諸島寄附金による尖閣諸島活用基金

・基金の目的:寄附金を、国による尖閣諸島の活用に関する取組のための資金とするため

・基金積立額:1,412,559,984円

*寄附金の一部(約8千万円)は、平成24年9月に実施した現地調査や、啓発のための意見広告掲出・ポスター作成など、尖閣諸島の購入と活用のために支出した事業費に充当しました。

都の対応について

 都は、この基金を国に託すため、毎年国に対して提案要求を行っています。→国への提案要求内容(平成30年6月実施)
 今後は、国の動向を見極めながら、地元自治体と連携し、寄附金を寄せていただいた都民・国民の皆様の志が活かされるよう対応していきます。

関連する報道情報

  • 報告書
  • 東京都総務局
Copyright© 2015 東京都総務局 All rights reserved.