ページの先頭

ページ内移動用のリンク
ヘッダーメニューへ移動
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
サイドナビゲーションへ移動
フッターメニューへ移動
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

八丈支庁トップページ > 八丈支庁の仕事に関すること > 空港管理事務所の仕事

空港管理事務所の仕事

1 航空機の安全を守る

飛行機八丈島空港では、羽田~八丈島を結ぶ飛行機、青ヶ島~御蔵島を結ぶヘリコプターが定期的に運航しているほか、消防庁の急患ヘリや海上保安庁等の公用機、会社や個人で運航する航空機が発着しています。空港管理事務所では、これらの航空機が安全に運航できるよう、滑走路や灯火の点検とともに鳥の衝突防止対策などを行っています。

2 主な安全対策

鳥追い1.滑走路・灯火点検
航空機が離発着する際に、滑走路に異常や物が落ちていないか、灯火は点灯しているかの確認を毎日行っています。

2.鳥の衝突防止
鳥類が航空機に衝突すると、大事故につながる恐れがあるため、パトロールや花火で鳥追いを行うとともに、鳥が空港に寄り付かないよう薬剤の散布を行うなどの取組を行っています。

3 空港の安全管理

B737-700八丈島空港は、八丈島の空の玄関口であり、安全上の管理は国際空港とほぼ同程度の基準で求められます。
空港管理事務所では、利用者・関係機関の協力を得ながら、安全管理に取り組んでいます。

ここからフッターメニューです