ナビゲーションを飛ばして本文を読む

世界自然遺産小笠原諸島
HOME > 小笠原水産センター > 小さな水族館

小笠原水産センター

小さな水族館

小さな水族館

水産センター内には研究設備の拡大および効率化、そして施設を開放した観光拠点としての役割を強化するため、飼育観察棟(通称;小さな水族館)があります。ここでは小笠原周辺海域や父島・母島の河川、貯水池に生息している生物を飼育しています。
当館は年中無休ですが、水槽の掃除や消毒をしている時には、一部の水槽が見学できない場合があります。見学できる生物は以下の通りですが、時期や生物の状態によっては見られない場合もあります。

正式名称 飼育観察棟
開館 年中無休 AM8:30~PM4:30
施設 80トン水槽 1基
18トン水槽 2基
その他小水槽
大きな水槽では、卵を回収するための工夫が施されています。
  • 世界自然遺産小笠原諸島
  • お知らせ
  • 小笠原亜熱帯農業センター
  • 小笠原水産センター
  • 小笠原の農水産物
  • 小さな水族館
  • 小笠原の自然
  • ビジターセンターの紹介
  • 都レンジャーの活動

ページの先頭へ戻る

〒100-2101 東京都小笠原村父島字西町
TEL 04998-2-2121
E-mail:S0000049(at)section.metro.tokyo.jp
※(at)を@に替えてご使用ください。