世界自然遺産小笠原諸島
HOME > 島民の方へ > 困ったとき > 生活で困ったとき

島民の方へ

困ったとき - 生活で困ったとき

生活保護について

生活保護とは、病気やけがのために働けなくなったりして生活費や医療費に困ったときに、生活保護法に基づいて国が最低限度の生活を保障するとともに、自身の力、または他の方法により暮らしていけるようになるまで援助する制度です。
生活保護を受けるためには、受ける前に次のようなあらゆる努力を家族全員でする必要があります。

(1)働ける人は、能力に応じて働いてください
(2)あなたの世帯にある資産(土地・家屋・自動車・貴金属・貯金・生命保険など)の売却等を行い、可能な限り活用してください。
(3)年金や各種手当など他の制度や法律で受けられるものがあれば、すべて受けてください。

これらの努力を可能な限り行っても、生活が困難な場合は、不足する部分について援助し、自立を目指していただきます。
生活に困難が生じ、お困りの際は詳細を伺う必要がございますので、小笠原支庁総務課までおいでください。

母子・父子福祉資金貸付について

  • 都内にお住まいの母子家庭の母又は父子家庭の父等で、20歳未満のお子さん等を扶養している方が対象の貸付金です。
  • 貸付けが自立につながり、返済の計画を立てることができる方が対象です。制度の詳細につきましては、東京都福祉保健局のホームページをご覧ください。

女性福祉資金貸付について

  • 都内にお住まいの配偶者のいない女性が対象の貸付金です。
  • この貸付には、一部所得制限があります。
  • 貸付が自立につながり、返済の計画を立てることができる方が対象です。制度の詳細につきましては、東京都福祉保健局のホームページをご覧ください。

特別障害者手当について

  • 精神又は身体に著しく重度の障害を有するため、日常生活において常時特別の介護を必要とする状態にある在宅の20歳以上の方に支給されます。
  • この手当には、所得制限があります。制度の詳細につきましては、東京都福祉保健局のホームページをご覧ください。

障害児福祉手当について

  • 精神又は身体に重度の障害を有するため、日常生活において常時の介護を必要とする状態にある在宅の20歳未満の方に支給されます。
  • この手当には、所得制限があります。制度の詳細につきましては、東京都福祉保健局のホームページをご覧ください。

お問い合わせ先

総務課行政担当 TEL:04998-2-3230

  • 世界自然遺産小笠原諸島
  • お知らせ
  • 小笠原亜熱帯農業センター
  • 小笠原水産センター
  • 小笠原の農水産物
  • 小さな水族館
  • 小笠原の自然
  • ビジターセンターの紹介
  • 都レンジャーの活動