尖閣諸島について

概要

 尖閣諸島は、南西諸島西端に位置する魚釣島、北小島、南小島、久場島、大正島、沖ノ北岩、沖ノ南岩、飛瀬などから成る島々の総称です。沖縄本島から最も大きな魚釣島まで410kmの距離があります。
 かつては鰹節工場があり日本人が住み着いたこともありますが、現在は無人島となっています。行政的には沖縄県石垣市の一部です。

島の名称(ローマ字表記)、 面積
○ 魚釣島 (Uotsuri Shima) 3.6km²
○ 北小島 (Kita Kojima) 0.26km²
○ 南小島 (Minami Kojima) 0.32km²
○ 久場島 (Kuba Shima) 0.87km²
○ 大正島 (Taisho To) 0.04km²
尖閣諸島(魚釣島、北小島、南小島、久場島及び大正島)の位置関係
 日本政府は1885年から1895年にかけて尖閣諸島の領有状況を調査し、隣国の清国など、いずれの国にも属していないことを慎重に確認したうえで閣議決定し、日本の領土に編入しました。

 その後、日本人が入植し、アホウドリの羽毛の採取や鰹節の製造などが行われました。最盛期には248人の日本人が暮らしていたとされています。

 第二次世界大戦後は、サンフランシスコ平和条約に基づき、米国の施政権下に置かれ、1972年に我が国に返還され、現在に至っています。

尖閣に関する年表

年表

都の取組

 尖閣諸島については、2012年(平成24年)4月に石原元都知事が東京都による購入と活用を発表し、これに賛同する都民・国民から14億円を超える寄附金が集まりました。
 同年9月2日、都は不動産鑑定のための現地確認及び活用方策検討に向けた基礎的調査を目的として、洋上から現地調査を行い、地元漁業者のための施設の設置や、自然環境の保護などの必要性を確認しました。
 同年9月11日に島々は国の所有となりました。都は、尖閣諸島の所有者となった国に島々の活用について働きかけることとし、会計年度を越えて寄附金を厳格に管理していくために「基金」を設置しました。
 今後は、この基金を国に託すため、石垣市など地元自治体とも連携し、国への提案等を行いつつ、国の動向を見極めながら、寄付金を寄せていただいた都民・国民の皆様の志が活かされるよう対応していきます。