八丈実記~web版公文書館の書庫から

東京都公文書館には、東京都文化財に指定されている資料類が保存されている。今回は、これらの文化財の中から「八丈実記」をご紹介したい。

八丈実記に描かれた流人船の絵八丈実記に描かれた流人船の絵(近藤富蔵画)

八丈島には、江戸時代から明治の初期にかけて、1800余名の流人が流された。最初の流人は慶長11年(1606)に流された関ヶ原の敗將宇喜多秀家で、八丈実記の著者近藤富蔵は文政10年(1827)に流された流人である。富蔵は文化2年(1805)生まれで、父の名は近藤重蔵といい、寛政期以降数度にわたって蝦夷地の巡検を命ぜられ、エトロフや千島探検で名を馳せた人物であった。富蔵は文政9年に隣家住人を殺傷させるが、その罪で八丈島へ遠島を仰せ付けられた。翌年配流、三根村に配された。島では宇喜多の末裔である百姓宋右衛門長女イツと結婚し、一男二女をもうけている。八丈実記の自序には、本書を弘化戊申(1848)から万延庚申(1860)に著したと書かれている。八丈実記と銘されてはいても八丈島のことだけではなく、島に関していえば伊豆諸島から小笠原諸島まで幅広く書かれていて、歴史・風俗・習慣を知る上で貴重な書物となっている。

ところで写真は、八丈実記に描かれた流人船の絵である(「八丈実記」三十六 DVD請求番号DD-036)。「みゆるしの 船いさみあり 夕涼み」の句の下に「平和」と著されている。平和とは富蔵の俳号なので、これが彼の句であることが判る。「みゆるしの」とあることから、船上の人々は赦免を受けた人達で、喜々として満面に笑みをたたえた人々を乗せた船が、江戸へ向かって走っていく風景と思われる。「船いさみあり」の言葉に、帰国の喜びがあふれている。江戸に向かって疾走する船の姿ばかりでなく、船上の人々のはやる気持ちも表現されているのであろう。しかし皮肉なことに、待っても待っても富蔵には赦免が下りなかった。喜々とした面々を何度となく見送る富蔵の気持ちを思うと、句の文言の裏にある富蔵の失意が察せられる。富蔵に赦免が下りたのは、明治13年になってからであった。赦免後に一度は島を離れながらも結局は島に戻り、三根村の尾端にあった観音堂の堂主として余生を送っている。

八丈実記が書かれてから100年以上の歳月が流れた。明治20年に東京府に購入された本書は、「八丈島の研究には先ず八丈実記を読む事から」と言われるほどの書となった。かつて柳田国男や渋沢敬三らに高く評価された八丈実記。いま東京都の文化財として多くの方々の利用に供されている。赦免花が開くが如く、まるで富蔵の想いがいま花開いているようだ。