刊行物

東京都公文書館の刊行物

東京都公文書館では、所蔵資料に関する目録の他、明治時代から現在まで継続して編さんしている『東京市史稿』や、近代東京の歴史に関するテーマ別資料集『都史資料集成』など、江戸・東京の歴史(東京都史)に関する資料集や、当館の事業をご紹介する「公文書館だより」など、様々な刊行物を発行しています。

これらの刊行物は、公共図書館、資料保存利用機関、大学図書館等に配付し、閲覧していただけるようにしています。一部の刊行物については一般の方々への販売も行っています。

問い合わせ先:史料編さん担当(電話 03-3707-2604)

販売刊行物

ここに掲載されている刊行物の一部は、都民情報ルームで購入することが可能です。詳しくは「販売刊行物の閲覧・購入方法」をご覧ください。

延遼館の時代 明治ニッポンおもてなし事始め

近代日本最初の迎賓施設であった「延遼館」。延遼館の歴史を多くの資料と図版と共に紹介する。

東京市史稿

明治44年(1911)から現在まで刊行が続いている江戸・東京に関する編年体の資料集

都史資料集成

近代東京の歴史に関するテーマ別資料集 第1期全12巻完結

都史資料集成II

昭和18年(1943)の東京都制施行から昭和30年代までを対象にした、東京都の歴史に関する資料集 平成25年度より刊行開始

史料復刻

当館が所蔵している江戸東京に関する基本史料を復刻

都史紀要

江戸東京の歴史に関する調査研究報告

地誌解題 総集編Ⅰ

東京都公文書館に所蔵する江戸時代の地誌類のうち41点を選び、資料に関する紹介を付けた、内容目録の総集編


非売刊行物

ここに掲載されている刊行物について、販売は行われていません。閲覧方法については「非売刊行物の閲覧方法」をご覧ください。

公文書館だより

一般の方々に向けて当館の活動についてご紹介する、リーフレット 年2回刊行

行政資料集録

都政に関する主要な出来事や資料を年度ごとにまとめた資料集 昭和33年刊行開始

調査研究年報<WEB版>・研究紀要

当館職員の調査・研究活動の成果を発表するもの

東京都公文書館における保存閲覧に関する研究会報告書「情報公開時代の公文書像~情報リサイクルのあり方~」

平成12~13年にかけて、新たな情報公開制度への対応と利用者サービスの一層の充実を目的として開かれた、同研究会による報告書