世界自然遺産小笠原諸島
HOME > 小笠原の自然 > 都レンジャー 業務紹介

小笠原の自然

都レンジャー 業務紹介

都レンジャー制度の歩み

東京には都市部も広がっていますが、その一方で、自然が豊かな場所も数多く残っています。それらは自然公園に指定され、生態系保護やレクリエーションの場として機能しています。しかし、そこでは植物の盗掘等の不法行為、過剰利用やマナー違反により、自然保護と利用のバランスが崩れかけています。そこで東京都は、それらの課題に対応するため、自然保護と適正利用の担い手として、都レンジャーを配置しました。

平成15年9月 石原都知事が東京都レンジャー制度の創設を表明
平成16年6月 小笠原地域(父島)3名配置
多摩地域(高尾)3名配置
平成16年8月 多摩地域(奥多摩)1名配置
平成17年4月 多摩地域(奥多摩)2名追加配置(計3名配置)
平成18年4月 多摩地域(御岳)3名配置
平成19年4月 小笠原地域(母島)3名配置
多摩地域(檜原)3名配置
平成24年4月 小笠原地域(父島)1名追加配置(計4名配置)
Ranger
Ranger
海鳥の繁殖状況確認のため
毎年行っているモニタリングの様子

平成24年4月現在、東京都レンジャーは、多摩地域の高尾・奥多摩・御岳・檜原の4箇所に各3名、小笠原地域の父島に4名・母島に3名の計6箇所に19名配置されています。
その中でも、小笠原地域の都レンジャーは、本州から1000km離れた海洋島であるという特殊な自然環境の中で、以下の業務を行っています。

不法行為の監視及び是正指導

小笠原には絶滅が危惧されている動植物が多数生息・生育しており、これらの動植物の密猟や盗掘が行われることのないよう日々巡回を行っています。
また、特別保護地区においては、動物の捕獲や植物の伐採はもちろん、石や貝殻などの持ち出しも禁止されており、このような行為が行われていた場合には、是正指導および関係機関への通報を行います。

<小笠原に生息・生育する希少な生き物の例>
アサヒエビネ(父島)
ハハジマホザキラン(母島)
オガサワラハンミョウ
ハナダカトンポ
オガサワラシジミ

自然公園施設の点検及び危険箇所の応急補修

遊歩道や自然公園施設を安全に利用できるよう、点検および破損箇所や危険箇所の応急補修を行っています。

<例>
  • 通行の支障となる倒木の除去
  • 指導標や案内板の補修および修正
  • 危険・破損箇所への注意喚起看板や立入制限テープの設置
  • 施設管理者への危険個所・破損状況の報告
柵の補修作業
支障木除去作業

利用マナーの普及啓発及び指導

小笠原固有の動植物や特異な景観などを後世へ残していくために、利用者に対して自然公園の利用マナーやルールについて普及啓発を行っています。

<例>
  • 環境教育プログラムの実施
  • 母島小中学校による属島への移動教室に際して、事前レクチャーを行っています。上陸時の注意事項の他、動植物に深く興味を持ってもらうため、種類の見分け方、生態、他の生き物との関係などを工作やクイズ形式の課題にして、子どもたちに取り組んでもらっています。
  • 職場体験プログラムの実施
  • 自然公園施設の点検や島内の巡回といったフィールドワークや現場でGPS・デジタルカメラなどを使用し情報を記録、事務所に戻りデータの整理をするという一連の業務を短い期間で体験し、都レンジャーの仕事を理解してもらいます。 
職場体験
(特別保護地区のルールについての説明中)
小学校レクチャー
(母島周辺で見られる海の生き物について)

定期船の入出港立ち会いによる外来種対策への協力

小笠原の特異な生態系を維持するため、以下のような目的で定期船の入出港に立ち会っています。

  • 本来、小笠原に生息・生育していない動植物の持ち込み警戒
  • 小笠原からの動植物の違法な持ち出し防止
動植物の持ち込みや持ち出しを認めた場合は、外来種を野外へ逸脱させないようお願いしたり、持ち出そうとした動植物の入手経路をお尋ねしたりすることもあります。
ははじま丸の入出港時には、海水を浸したマットの設置を行い、外来種が侵入しないように、下船客に対して靴底の泥落としをお願いしています。
おがさわら丸出港時の立ち会い(父島)
ははじま丸入港時の立ち会い(母島)

自然環境の継続的な観測及び監視
国立公園において事業者が実施する環境調査への情報提供

希少動植物の保護策などに役立てるため、巡回時に自然環境の把握を行っています。
例として、固有昆虫類の生息状況、固有植物の生育・開花結実状況、外来種の分布・繁殖状況の把握などが挙げられます。

ノヤギの生息状況 (父島)
ノヤギ排除後の希少植物の観測
(ウラジロコムラサキ)
母島の希少植物の生育状況確認
(セキモンノキ)

観光業者などへの自然環境の保護と利用の促進に係る指導及び助言

繁忙期の南島における
利用ルール遵守のための立ち会い

小笠原諸島において適正な観光利用がなされるよう、観光業者などへ利用ルールの徹底をお願いしたり、利用方法について意見交換を行ったりしています。

  • 世界自然遺産小笠原諸島
  • お知らせ
  • 小笠原亜熱帯農業センター
  • 小笠原水産センター
  • 小笠原の農水産物
  • 小さな水族館
  • 小笠原の自然
  • ビジターセンターの紹介
  • 都レンジャーの活動